いらっしゃいませ ゲスト様
»TOP > 著作者別 > 森鴎外
Twitter    Hatebu  Facebook 

森鴎外

検索結果66件中1件から45件までを表示
ページ:1  2次へ≫
  • タイトル: 学研の日本文学 森鴎外 高瀬舟 興津弥五右衛門の遺書 護持院原の敵討
    著者: 森鴎外
    出版社: 学研
    概要: 明治・大正・昭和を代表する作家・詩人の名作を集成した文学全集。収録作品は、森鴎外の「高瀬舟」「興津弥五右衛門の遺書」「護持院原の敵討」。
    価格: 税込 440
  • タイトル: 学研の日本文学 森鴎外 山椒大夫 阿部一族
    著者: 森鴎外
    出版社: 学研
    概要: 明治・大正・昭和を代表する作家・詩人の名作を集成した文学全集。収録作品は、森鴎外の「山椒大夫」「阿部一族」。
    価格: 税込 440
  • タイトル: 学研の日本文学 森鴎外 舞姫 うたかたの記 ヰタ・セクスアリス
    著者: 森鴎外
    出版社: 学研
    概要: 明治・大正・昭和を代表する作家・詩人の名作を集成した文学全集。収録作品は、森鴎外の「舞姫」「うたかたの記」「ヰタ・セクスアリス」。
    価格: 税込 660
  • タイトル: 学研の日本文学 森鴎外 雁
    著者: 森鴎外
    出版社: 学研
    概要: 明治・大正・昭和を代表する作家・詩人の名作を集成した文学全集。収録作品は、森鴎外の「雁」。
    価格: 税込 660
  • タイトル: 学研の日本文学 森鴎外 青年
    著者: 森鴎外
    出版社: 学研
    概要: 明治・大正・昭和を代表する作家・詩人の名作を集成した文学全集。収録作品は、森鴎外の「青年」。
    価格: 税込 660
  • タイトル: 7 森 鴎外
    著者: 森鴎外
    出版社: 学研
    概要: 日本の近現代を代表する作家・詩人の名作を集成した文学全集。第7巻は、森鴎外。初期の代表作「舞姫」の他、「雁」「高瀬舟」「阿部一族」「山椒大夫」「青年」「ヰタ・セクスアリス」「うたかたの記」「興津弥五右衛門の遺書」「護持院原の敵討」を収録。
    価格: 税込 1,019
  • タイトル: 舞姫 ─まんがで読破─
    概要: 愛と出世……どちらを選びますか? 東京帝国大学を首席で卒業し、ひたすらエリートのレールを歩んできた官吏・太田豊田郎は、国費で留学したベルリンでエリスと出会う。 豊太郎はエリスの純真に惹かれ、ふたりはやがて恋に落ちるが……。 19世紀末、世界が現在よりまだ遠かった明治時代、ドイツを舞台に描かれる...
    価格: 税込 550
  • タイトル: ロビンソン・クルソオ (序に代ふる会話)
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  人物 主人 客 譯者  場所 主人の書齋。 主人と客と對坐せるところへ、譯者登場。 主人。 暫くでしたね。 何か御用ですか。 譯者。 あのロビンソンですね。 あれがこれまで翻譯にはなつてゐましたが皆文語體ですから、今度口語體に譯したのです。 そこで序文を...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 文づかひ
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  それがしの宮の催したまひし星が岡茶寮の独逸会に、洋行がへりの将校次を逐うて身の上ばなしせし時のことなりしが、こよひはおん身が物語聞くべきはずなり、殿下も待兼ねておはすればと促されて、まだ大尉になりてほどもあらじと見ゆる小林といふ少年士官、口に啣へし巻烟草取りて火鉢の中へ灰振り落... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 寒山拾得縁起
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  徒然草に最初の佛はどうして出來たかと問はれて困つたと云ふやうな話があつた。 子供に物を問はれて困ることは度々である。 中にも宗教上の事には、答に窮することが多い。 しかしそれを拒んで答へずにしまふのは、殆どそれは譃だと云ふと同じやうになる。 近頃歸一協會などでは、それを子供のために惡...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 高瀬舟縁起
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  京都の高瀬川は、五條から南は天正十五年に、二條から五條までは慶長十七年に、角倉了以が掘つたものださうである。 そこを通ふ舟は曳舟である。 原來たかせは舟の名で、其舟の通ふ川を高瀬川と云ふのだから、同名の川は諸國にある。 しかし舟は曳舟には限らぬので、和名鈔には釋名の「艇小而深者曰舼」....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 花子
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  Auguste Rodin は為事場へ出て来た。  広い間一ぱいに朝日が差し込んでゐる。 この 〔Ho^tel Biron〕 といふのは、もと或る富豪の作つた、贅沢な建物であるが、つひ此間まで聖心派の尼寺になつていた。 Faubourg Saint-Germain の娘子供を集め....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 寒山拾得
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  唐の貞觀の頃だと云ふから、西洋は七世紀の初日本は年號と云ふもののやつと出來掛かつた時である。 閭丘胤と云ふ官吏がゐたさうである。 尤もそんな人はゐなかつたらしいと云ふ人もある。 なぜかと云ふと、閭は台州の主簿になつてゐたと言ひ傳へられてゐるのに、新舊の唐書に傳が見えない。 主簿と云へ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 興津弥五右衛門の遺書(初稿)
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要: 某儀今年今月今日切腹して相果候事いかにも唐突の至にて、弥五右衛門奴老耄したるか、乱心したるかと申候者も可有之候えども、決して左様の事には無之候。 某致仕候てより以来、当国船岡山の西麓に形ばかりなる草庵を営み罷在候えども、先主人松向寺殿御逝去遊ばされて後、肥後国八代の城下を引払いた... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: ヰタ・セクスアリス
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要: 金井湛君は哲学が職業である。 哲学者という概念には、何か書物を書いているということが伴う。 金井君は哲学が職業である癖に、なんにも書物を書いていない。 文科大学を卒業するときには、外道哲学と Sokrates 前の希臘哲学との比較的研究とかいう題で、余程へんなものを書いたそうだ....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 訳本ファウストについて
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  私が訳したファウストについては、私はあの訳本をして自ら語らしめる積でいる。 それで現にあの印行本にも余計な事は一切書き添えなかった。 開巻第一の所謂扉一枚の次に文芸委員会の文句が挿んであるが、あれも委員会からの注意を受けて、ようよう入れたのである。 その裏に太田正雄さん、文壇での通名....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 不苦心談
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要: 一  ファウストを訳した時の苦心を話すことを、東亜之光の編者に勧められた。 然るに私は余り苦心していない。 少くも話の種にする程、苦心していない。 こう云うのがえらがるのでないことは勿論である。 また過誤のあった時、分疏をするために予め地をなして置くのでもない。 これは私の性質...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 私が十四五歳の時
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  過去の生活は食つてしまつた飯のやうなものである。 飯が消化せられて生きた汁になつて、それから先の生活の土臺になるとほりに、過去の生活は現在の生活の本になつてゐる。 又これから先の、未來の生活の本になるだらう。 併し生活してゐるものは、殊に體が丈夫で生活してゐるものは、誰も食つてしまつ....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 翻訳に就いて
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:       翻譯上の謬見  此本に是非翻譯に就いて何か書いてくれと云ふことである。 予を翻譯者の中の主な一人だと思つてゐるものと見える。 さうかと思ふと、一方には予の翻譯は殆皆誤譯だとして、予に全く翻譯の能力がなく、予の翻譯に全く價値がないと言ひ觸らしてゐるものもある。  近....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 長谷川辰之助
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  逢ひたくて逢はずにしまふ人は澤山ある。  それは私の方から人を尋ねるといふことが、殆ど絶待的に出來ないからである。 何故出來ないか、私には職務があると辯解して見る。 併し此辯解は通らない。 誰だつて職務の無いものはあるまい。 何かしらしてゐるだらう。  役所に出る前、役所...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 当流比較言語学
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  或る國民には或る詞が闕けてゐる。  何故闕けてゐるかと思つて、よく/\考へて見ると、それは或る感情が闕けてゐるからである。  手近い處で言つて見ると、獨逸語に Streber といふ詞がある。 動詞の streben は素と體で無理な運動をするやうな心持の語であつたさうだ。 ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 鼎軒先生
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  鼎軒先生には一度もお目に掛かつたことがない、私は少壯の頃、暇があれば本ばかり讀んでゐたので名家の演説などをもわざ/\聽きに往つたことが殆ど無い、そこで餘所ながら先生のお顏を見る機會をも得ないでしまつた、  先生がアアリア人種に日本人も屬するといふことを論じた小册子を出された頃... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 混沌
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  私は話をすることが非常に下手なので、話をしろと云はれると實に氣になつてならない。 若しこれが前以て知れてゐたならば、今日などは來ないのかも知れない。 併し出し拔けに、奇襲を受けたやうに、豫告をせられたから、已むを得ず此處にすわつたのです。 扨題があるかと思つて色々考へて見ましたが、題....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 俳句と云ふもの
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要: ○俳句と云ものを始て見たのは十五六歳の時であつたと思ふ。 父と東京へ出て来て向嶋に住んでゐる所へ、母や弟妹が津和野の家を引き払つて這入り込んで来た。 その時蔵書丈は売らずに持つて来たが、歌の本では、橘守部の「心の種」、流布本の「古今集」、詩の本では「唐詩選」があつた。 俳諧の本は、誰や....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 能久親王年譜
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要: 弘化四年丁未、二月十六日能久親王京都伏見宮第に生れさせ給ひ、満宮と名のらせ給ふ。 嘉永元年戊申、二歳。 京都におはす。 仁孝天皇の御猶子、青蓮院宮の御附弟にならせ給ふ。 二年己酉、三歳。 京都におはす。 三年庚戌、四歳。 京都におはす。 四年辛亥、五歳。 京都...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 高瀬舟縁起
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  京都の高瀬川は、五条から南は天正十五年に、二条から五条までは慶長十七年に、角倉了以が掘ったものだそうである。 そこを通う舟は曳舟である。 元来たかせは舟の名で、その舟の通う川を高瀬川と言うのだから、同名の川は諸国にある。 しかし舟は曳舟には限らぬので、『和名鈔』には釈名の「艇小而深者....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 安井夫人
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要: 「仲平さんはえらくなりなさるだろう」という評判と同時に、「仲平さんは不男だ」という蔭言が、清武一郷に伝えられている。  仲平の父は日向国宮崎郡清武村に二段八畝ほどの宅地があって、そこに三棟の家を建てて住んでいる。 財産としては、宅地を少し離れた所に田畑を持っていて、年来家で漢学を......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 文づかい
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  それがしの宮の催したまいし星が岡茶寮のドイツ会に、洋行がえりの将校次をおうて身の上ばなしせしときのことなりしが、こよいはおん身が物語聞くべきはずなり、殿下も待ちかねておわすればとうながされて、まだ大尉になりてほどもあらじと見ゆる小林という少年士官、口にくわえし巻煙草取りて火鉢の... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 普請中
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  渡辺参事官は歌舞伎座の前で電車を降りた。  雨あがりの道の、ところどころに残っている水たまりを避けて、木挽町の河岸を、逓信省の方へ行きながら、たしかこの辺の曲がり角に看板のあるのを見たはずだがと思いながら行く。  人通りはあまりない。 役所帰りらしい洋服の男五六人のがやがや話....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 高瀬舟
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である。 徳川時代に京都の罪人が遠島を申し渡されると、本人の親類が牢屋敷へ呼び出されて、そこで暇乞いをすることを許された。 それから罪人は高瀬舟に載せられて、大阪へ回されることであった。 それを護送するのは、京都町奉行の配下にいる同心で、この同心は罪....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 最後の一句
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  元文三年十一月二十三日の事である。 大阪で、船乗り業桂屋太郎兵衛というものを、木津川口で三日間さらした上、斬罪に処すると、高札に書いて立てられた。 市中至る所太郎兵衛のうわさばかりしている中に、それを最も痛切に感ぜなくてはならぬ太郎兵衛の家族は、南組堀江橋際の家で、もう丸二年ほど、......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 追儺
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  悪魔に毛を一本渡すと、霊魂まで持つて往かずには置かないと云ふ、西洋の諺がある。  あいつは何も書かない奴だといふ善意の折紙でも、何も書けない奴だといふ悪意の折紙でも好い。 それを持つてゐる間は無事平穏である。 そして此二つの折紙の価値は大して違つてはゐないものである。 ところがど...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 心中
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  お金がどの客にも一度はきっとする話であった。 どうかして間違って二度話し掛けて、その客に「ひゅうひゅうと云うのだろう」なんぞと、先を越して云われようものなら、お金の悔やしがりようは一通りではない。 なぜと云うに、あの女は一度来た客を忘れると云うことはないと云って、ひどく自分の記憶を......
    価格: 税込 0
  • タイトル: サフラン
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  名を聞いて人を知らぬと云うことが随分ある。 人ばかりではない。 すべての物にある。  私は子供の時から本が好だと云われた。 少年の読む雑誌もなければ、巌谷小波君のお伽話もない時代に生れたので、お祖母さまがおよめ入の時に持って来られたと云う百人一首やら、お祖父さまが義太夫を語られた...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 歴史其儘と歴史離れ
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  わたくしの近頃書いた、歴史上の人物を取り扱つた作品は、小説だとか、小説でないとか云つて、友人間にも議論がある。 しかし所謂 normativ な美学を奉じて、小説はかうなくてはならぬと云ふ学者の少くなつた時代には、此判断はなか/\むづかしい。 わたくし自身も、これまで書いた中で、材......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 栗山大膳
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  寛永九年六月十五日に、筑前國福岡の城主黒田右衞門佐忠之の出した見廻役が、博多辻の堂町で怪しい風體の男を捕へた。 それを取り調べると、豐後國日田にゐる徳川家の目附役竹中采女正に宛てた、栗山大膳利章の封書を懷中してゐた。 城内でそれを開いて見れば、忠之が叛逆の企をしてゐると云ふ訴であつ......
    価格: 税込 0
  • タイトル: カズイスチカ
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  父が開業をしていたので、花房医学士は卒業する少し前から、休課に父の許へ来ている間は、代診の真似事をしていた。  花房の父の診療所は大千住にあったが、小金井きみ子という女が「千住の家」というものを書いて、委しくこの家の事を叙述しているから、loco citato としてここには... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: かのように
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  朝小間使の雪が火鉢に火を入れに来た時、奥さんが不安らしい顔をして、「秀麿の部屋にはゆうべも又電気が附いていたね」と云った。 「おや。 さようでございましたか。 先っき瓦斯煖炉に火を附けにまいりました時は、明りはお消しになって、お床の中で煙草を召し上がっていらっしゃいました。」 ....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 百物語
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  何か事情があって、川開きが暑中を過ぎた後に延びた年の当日であったかと思う。 余程年も立っているので、記憶が稍おぼろげになってはいるが又却てそれが為めに、或る廉々がアクサンチュエエせられて、翳んだ、濁った、しかも強い色に彩られて、古びた想像のしまってある、僕の脳髄の物置の隅に転がっ... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 二人の友
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  私は豊前の小倉に足掛四年いた。 その初の年の十月であった。 六月の霖雨の最中に来て借りた鍛冶町の家で、私は寂しく夏を越したが、まだその夏のなごりがどこやらに残っていて、暖い日が続いた。 毎日通う役所から四時過ぎに帰って、十畳ばかりの間にすわっていると、家主の飼う蜜蜂が折々軒のあたりを....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 阿部一族
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  従四位下左近衛少将兼越中守細川忠利は、寛永十八年辛巳の春、よそよりは早く咲く領地肥後国の花を見すてて、五十四万石の大名の晴れ晴れしい行列に前後を囲ませ、南より北へ歩みを運ぶ春とともに、江戸を志して参勤の途に上ろうとしているうち、はからず病にかかって、典医の方剤も功を奏せず、日に... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: Resignationの説
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  現代の思想とか、新しい作者の発表している思想とか云うものについて話せというのですか。 それは私の立場として頗る迷惑です。  もし私が現に批評壇に立っている諸君と同一な思想を持っていたなら、別にそれを発表する必要がないわけでしょう。 もし変った思想を持っていたなら、それを発表した結....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 夏目漱石論
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:    一、今日の地位に至れる径路  政略と云うようなものがあるかどうだか知らない。 漱石君が今の地位は、彼の地位としては、低きに過ぎても高きに過ぎないことは明白である。 然れば今の地位に漱石君がすわるには、何の政策を弄するにも及ばなかったと信ずる。    二、社交上の漱石....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 花子
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  Auguste Rodin は為事場へ出て来た。  広い間一ぱいに朝日が差し込んでいる。 この 〔Ho^tel〕 Biron というのは、もと或る富豪の作った、贅沢な建物であるが、ついこの間まで聖心派の尼寺になっていた。 Faubourg Saint-Germain の娘子供を集....
    価格: 税込 0
  • タイトル: そめちがへ
    著者: 森鴎外
    出版社: ConTenDo
    概要:  時節は五月雨のまだ思切悪く昨夕より小止なく降りて、欞子の下に四足踏伸ばしたる猫懶くして起たんともせず、夜更て酔はされし酒に、明近くからぐつすり眠り、朝飯と午餉とを一つに片付けたる兼吉が、浴衣脱捨てて引つ掛くる衣は紺にあめ入の明石、唐繻子の丸帯うるささうに締め畢り、何処かけんのあ... ...
    価格: 税込 0
ページ:1  2次へ≫

コンテンツフィルタ

"購入可能なコンテンツ"はご利用端末で購入いただけるコンテンツのみを表示します。

設定をリセット

電子書籍サイト[ConTenDo|コンテン堂]はコンテンツの交差点となるプレイスを目指して様々な良いコンテンツを展開します。
電子書籍にとどまらず映像、画像なども取り扱います。話題のEPUBおよびPDF形式を揃えています。

レコードやCDを『ジャケ買い』ってしませんでしたか?
ジャケットがグッドデザインだと買ってしまったりする購買行動のことです。
コンテン堂では、表紙が一番魅力的に見えるようにサイト・デザインされています。
電子書籍も『ジャケ買い』は素敵なコンテンツとの出会い方法としてもオススメです。

意外と郊外や地下街ではネットが繋がらないことが多いのですが、コンテン堂の電子書籍コンテンツはオフラインでも読書できます。

電子書籍を探すときはタイトルや著者名がわからないと結構探しにくいものです。コンテン堂は『ワードサーフィン』というまったく新しい本探しメソッドを提案しています。思ってもいなかった『本との出会い』をお楽しみ下さい。