いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 紀行 > 十五歳の露国少年の書いたカムチャツカ旅行記〈復刻改訂版〉
十五歳の露国少年の書いたカムチャツカ旅行記〈復刻改訂版〉

立ち読み

十五歳の露国少年の書いたカムチャツカ旅行記〈復刻改訂版〉

著者:
ジョルジュ・クラマレンコ著 今井昌雄編
出版社:
新函館ライブラリ

概要:

横浜の聖ヨセフ学院に通っていたロシア人少年ジョルジュ君は、1918(大正7)年夏、父に連れられ、カムチャツカを旅します。
父は、日本とロシアを股にかけ手広く水産業を営んでいたクラマレンコ氏。カムチャツカではデンビー商会2代目アルフレット・デンビー氏の別邸を宿としました。
デンビー商会も、日ロを股にかけた有力な水産業者。本拠地・函館で雇用していた日本人は千人を下らなかったといわれ、カムチャツカでは高度に自動化された缶詰工場を操業していました。
緻密な観察眼により綴られた旅の風景。当時のロシアのブルジョワジーたちの暮らしぶりや先進の工場の様子が垣間見られ、函館経由の道中では、日本を途上国と見なす少年の視点もうかがわれます。
それにしても、父子が旅した1918年とはロシア革命の翌年にあたり、少年の父やデンビー氏などの民間資本家は未曾有の窮地に立たされていたはず。なのに彼らは、狩猟三昧の日々を送り、少年の目に、周囲の大人たちに去来したはずの苦悩はみじんも感じられません。


目次:

まえがき
予告広告
父の書いた序文
01 1918年4月(入院の時・父の約束・愉快な想像)
02  4月19日(父の褒美・旅行の決定・不意の延期)
03  6月12日(大急の出発・辛き別れ・母の祝福)
04  6月13日(古い都仙台・車窓の眺望・青森に到着)
05  6月13日(汽船田村丸・郵便物積込・船客の充満)
06  6月13日(夜の函館・ダニチさん・突然の訪問)
07  6月14日(子供を紹介・市中の見物・準備の散髪)
08  6月15・16日(大沼の湖水・魚釣の失敗・松島の追憶)
09  6月17〜19日(山上の家屋・子供用の銃・自分の船室)
10  6月10〜24日(強烈の逆風・調理の教授・石炭の消量)
11  6月25・26日(岸が見える・岩ある小島・暖気を取る)
12  6月26日(恐ろしい談話・危険を脱す・たくさんの暗礁)
13  6月27日(陸上の遠望・漁舟に移乗・河口の激浪)
14  6月27日(丸太建の家・海岸のカモメ群・トロッコ乗)
15  6月28日(紅鮭の盛期・十フィートの高波・別邸の構造)
16  6月29日(工場に行く・鮭の処置法・製造の順序)
17  6月30日(しけの連続・カムチャツカ河口・荘大な高山)
18  7月1日(入浴と更衣・体重を量る・漁舟の組立)
19  7月2日(熊狩の発議・一行の出発・留守の鮭釣)
20  7月4・5日(蒸風呂好き・フィンランド人設計・飲料クワス)
以下略 全58話

ジャンル:
文芸 > 紀行 人文・思想 > 歴史 趣味 > 旅行
販売開始:
2013/08/15
ページ数
200ページ
ファイルサイズ:
11.48MB
CODE:
J0010226BK0006897001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 617円 206円
閲覧可能期間 無期限 14日間
ダウンロード可能期間 無期限 無期限
ダウンロード回数 制限なし 制限なし

この商品のシリーズ

十五歳の露国少年の書いたカムチャツカ旅行記〈復刻改訂版〉
販売(無期限): 税込 617 / レンタル(14日間): 税込 206