いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 日本文学/国文学 > 思想としての文学
思想としての文学

思想としての文学

著者:
戸坂潤
出版社:
ConTenDo

概要:





 文学という言葉を文献学という意味に使い、所謂文学の代りに文芸という言葉を使え、という意見もあるが、私はにわかに賛成出来ない。
文学は単なる文芸でもなく又文献学でもなしに、ある他のもっと大事なものを指していると私は考える。

 世間で文学と呼び慣らわしているものを...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > 日本文学/国文学 人文・思想 > 哲学・思想 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2015/03/11
ファイルサイズ:
1.58MB
CODE:
J0010283BK0028579001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

思想としての文学
販売(無期限): 税込 0