いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 小説(国内) > 蟹工船
蟹工船

蟹工船

著者:
小林多喜二
出版社:
ConTenDo

概要:

「おい地獄さ行ぐんだで!」
 
 二人はデッキの手すりに寄りかかって、蝸牛が背のびをしたように延びて、海を抱え込んでいる函館の街を見ていた。――漁夫は指元まで吸いつくした煙草を唾と一緒に捨てた。巻煙草はおどけたように、色々にひっくりかえって、高い船腹をすれずれに落ちて行った。彼は身体一杯酒臭かった。
 
 
(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > 小説(国内) 文芸 > 日本文学/国文学 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2017/09/06
ファイルサイズ:
1.24MB
CODE:
J0010283BK0067348001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

蟹工船
販売(無期限): 税込 0