いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > ミステリー/推理/サスペンス(国内) > 血文字の遺言partⅠ「海檬果殺人事件」
血文字の遺言partⅠ「海檬果殺人事件」

立ち読み

血文字の遺言partⅠ「海檬果殺人事件」

著者:
名邑十寸雄
出版社:
知玄舎

◆◇◆ スタッフおすすめ! ◆◇◆
タイトルからおどろおどろしいミステリーを想像してしまうが
痛快・爽快・コミカルに難事件を解決していく著者渾身のミステリー!
台湾総督府特別捜査官:郷左六が次々と難事件を解決していくさまは
コロンボ(容姿)や杉下右京(頭脳)、リンカーン・ライム(分析力)、
はたまた古畑任三郎(追及力)までの魅力をすべて持ち合わせたミステリー小説です。
1冊で4人分楽しめます(笑)。
スカット3巻まとめてどうぞ・・【リバーサイド】

概要:

夢寐(むび)の欠片がミステリーになった、純文学を超えたミステリー・サスペンス。Part1「海檬果(ハイモンク)殺人事件」の舞台は台湾。特別捜査官・郷左六の登場からスピード感溢れる推理サスペンス。 Part1「海檬果殺人事件」の舞台は台湾。特別捜査官・郷左六の登場から子守りの殺人事件、巨額詐欺の仕掛けと犯罪事件、そして「血文字」意味が暗示され、スピード感溢れる推理サスペンスのめくるめく展開となる。そして謎解きの殺人事件は、路傍の占い師の登場から思想的背景を暗示させる深みをかもし、悟りとは何かという奇妙な問いかけも束の間、再び海檬果(ハイモンク)による殺人事件の謎が深まる、巨大な国際組織と暗躍する群雄と南禅思想を背景とした、無類のミステリー・サスペンス。「血文字」とは何か? 読者の世界観を崩壊させる、夢寐(むび)の欠片がミステリーになった、純文学を超えたミステリー・サスペンスの傑作三部作。ストイックでカリスマの魅力溢れる現代の群雄列伝を描いた、超新星文豪、鬼才・名邑十寸雄(なむらときお)渾身の書き下ろし。


目次:

プロローグ 特別捜査官・郷左六
(一)   仁愛路の殺人
(二)   巨額の詐欺事件
(三)   狐の里
(四)   路傍の占い師
(五)   夢
(六)   誘導尋問
(七)   陰の依頼人

ジャンル:
文芸 > ミステリー/推理/サスペンス(国内)
販売開始:
2014/09/27
ファイルサイズ:
4.18MB
CODE:
J0010335BK0022989001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 735円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この商品のシリーズ

この著作者による商品

血文字の遺言partⅠ「海檬果殺人事件」
販売(無期限): 税込 735