いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 小説(国内) > 芥川賞について話をしよう1 2010年下期~2013年下期
芥川賞について話をしよう1 2010年下期~2013年下期

立ち読み

芥川賞について話をしよう1 2010年下期~2013年下期

著者:
小谷野敦 栗原裕一郎
出版社:
読書人

概要:

「読書人eBOOKS」の第一弾です――。
芥川賞選考委員のひとりも、毎回、「週刊読書人」に掲載されるのを楽しみにして待つシリーズ企画。作家・比較文学者の小谷野敦さんと、評論家の栗原裕一郎さんの対談。
芥川賞第一四四回(二〇一〇年下期)~第一五〇回(二〇一三年下期)が対象となります。
巻頭は朝吹真理子「きことわ」と西村賢太「苦役列車」のダブル受賞の回にはじまります。つづいて田中慎弥「共喰い」、円城塔「道化師の蝶」、鹿島田真希「冥途めぐり」、黒田夏子「abさんご」、藤野可織「爪と目」、小山田浩子「穴」までの受賞作に加えて、全候補作五〇作品以上を徹底討論。いとうせいこう、舞城王太郎、小野正嗣、穂田山洋山、石田千、広小路尚祈、吉井磨弥、戌井昭人、鈴木善徳、山下澄人、北野道夫、高尾長良、鶴川健吉、岩城けい、松波太郎といった候補者の作品を取り上げます。
選評についても、詳しく語ります。石原慎太郎が選考委員を辞任したあと、芥川賞選考会はどう変化したのか――。「とんでもない」選評を毎回寄稿するのは誰なのか。
 未発表の特別対談も収録。主にここ十年の芥川賞候補作(かつ受賞を逃した作品)から、小谷野・栗原両氏が気になった作品について話をしてもらいました。取り上げられたのは以下の作家。佐川光晴、鷺沢萌、柴崎友香、島本理生、清水博子、中村航、福島次郎、古屋健三、穂田川洋山、前田司郎、吉原清隆、本谷有希子。
(「読書人eBOOKS」編集部)

ジャンル:
文芸 > 小説(国内) 芸術・教養 > サブカルチャー 人文・思想 > 文芸
販売開始:
2015/10/13
ファイルサイズ:
0.66MB
CODE:
J0010379BK0034261001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 509円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

この著作者による商品

芥川賞について話をしよう1 2010年下期~2013年下期
販売(無期限): 税込 509