いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 小説(国内) > 週刊読書人2016年1月8日号/3122号
週刊読書人2016年1月8日号/3122号

週刊読書人2016年1月8日号/3122号

著者:
週刊読書人編集部 村田沙耶香
出版社:
読書人

概要:

▼特集▼
◇村田沙耶香インタビュー  <たやすく変わりゆく世界のいびつで純粋な人を描く>
『消滅世界』(河出書房新社)刊行を機に
★『文藝』二○一五年秋号に初出の『消滅世界』。その世界観は読者の度胆をぬくものだった。奇想天外ではなく、あってもおかしくないもう一つの世界として描かれていたからこそ、強烈に胸に残る物語。昨年十二月に単行本として上梓されたことをきっかけに、著者の村田沙耶香氏にお話を伺った。『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島由紀夫賞を受賞した著者の、前作『殺人出産』をななめ上へ超えていく、読んで損のない新作である。本紙ではその創作の裏側を、たっぷりお楽しみいただきたい。

<主なコンテンツ>
1:セックスが無い世界で人類はどう生きるのか
2:二次性徴への執着 体が変化する奇跡に
3:「本能だ」「家族だから」を疑い続ける
4:倫理、正しさや正義を信じ込む怖さ
5:実験都市・楽園(エデン)の異世界感とリアリティ
6:心理や倫理を浮き彫りにするため世界を変える

★むらた・さやか氏=小説家。千葉県生まれ。2003年「授乳」で第46回群像新人文学賞優秀作を受賞してデビュー。2009年『ギンイロノウタ』で第31回野間文芸新人賞、2013年『しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞。『授乳』『マウス』『星が吸う水』『殺人出産』『タダイマトビラ』『ハコブネ』など著書多数。1979年生。


目次:

▼今週の読物▼
▽特集=アートの持つ強さと可能性 対談=徐京植×荒木夏実
▽映画時評<一月>(伊藤洋司)
▽第101回全国図書館大会報告(西野一夫)
◇連載=日常の向こう側ぼくの内側223(横尾忠則)
◇連載=現代短歌むしめがね20(山田航)
◇連載=漢字点心164(円満字二郎)
◇連載=本の国へようこそ
◇連載=ともかくスケッチ30「伝説のアドリブクラブ」(長友啓典)
◇連載=元気に、出版。出版、元気に。=「週刊漫画TIMES」(上)(森彰英)
▼今週の読物▼
▽西村清和編・監訳「分析美学基本論文集」(小田部胤久)
▽ダヴィッド・ラプジャード著「ドゥルーズ 常軌を逸脱する運動」(松葉祥一)
▽渡辺靖著「沈まぬアメリカ」(大西直樹)
▽日本軍「慰安婦」問題webサイト製作委員会編/金富子・板垣竜太責任編集「Q&A 朝鮮人「慰安婦」と植民地支配責任」(岡野八代)
▽綾目広治著「教師像」(伊藤氏貴)
▽片岡義男著「この冬の私はあの蜜柑だ」(岡本勝人)
▽辻本雄一監修、河野龍也編著「佐藤春夫読本」(神谷忠孝)
▽高木昌史著「グリム童話と日本昔話」(樋口 淳)
▽イルメ・シャーバー著「ゲルダ」(金子隆一)
▽ナタリー・セメニーク著「魅惑の黒猫」(小沼純一)
▽近藤信行著「安曇野のナチュラリスト田淵行男」 (大森久雄)
▽髙橋団吉著「新幹線を走らせた男」(近藤正高)

ジャンル:
文芸 > 小説(国内) 芸術・教養 > 精神世界 人文・思想 > 社会心理 雑誌 > 人文・社会
販売開始:
2016/01/08
ファイルサイズ:
5.86MB
CODE:
J0010379BK0041235001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 280円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

週刊読書人2016年1月8日号/3122号
販売(無期限): 税込 280