いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 外国文学 > 週刊読書人2016年1月15日号/3123号
週刊読書人2016年1月15日号/3123号

週刊読書人2016年1月15日号/3123号

著者:
週刊読書人編集部 ル・クレジオ
出版社:
読書人

概要:

▼特集▼
◇J・M・G・ル・クレジオインタビュー <作家に今何ができるか>
『嵐』(作品社)刊行を機に

『調書』『大洪水』『砂漠』『黄金探索者』といった
作品で知られる、ノーベル文学賞受賞作家J・M・G
・ル・クレジオ氏が、昨年末、五度目の来日を果し、
十二月二十日、東京大学・本郷キャンパスで講演(「青
春を書く 老年を書く」)を行なった。東大で講演を
開くのは、二〇〇九年、二〇一三年につづいて三度目
となる。聞き手は、最新刊『嵐』(作品社)の翻訳を
担当した中地義和氏(東京大学教授)が務めた。自身
の幼少期を振り返りながら、創作の源泉となった経験
について語り、『嵐』に関しては、その着想から登場
人物の造形にいたるまで詳しく言及した。この講演の
模様をレポートする(2面)。1面では、ル・クレジ
オ氏への単独インタビューを掲載する。
(編集部)。

<主なコンテンツ>
1:EUでもっと難民を受け入れるべき
2:なぜ若者たちを止められなかったか
3:作家というのは無口な存在
4:怒りを抱える女性たち
5:進化・変化を描写する
6:忘れられた人々のこと

★J・M・G・ル・クレジオは作家。一九四〇年、イ
ギリス国籍の父とフランス国籍の母の間に、フランス
のニースで生まれる。六三年、ガリマール社に送付し
た『調書』の原稿が出版され、同年のルノドー賞を受
賞する。八五年、『黄金探索者』を刊行。後に上梓さ
れる『隔離の島』『はじまりの時』とともに、一族の
歴史をめぐる三部作を構成する。二〇〇八年、ノーベ
ル文学賞受賞。その他の著書に『大洪水』『愛する大
地』
『逃亡の書』『戦争』『来るべきロートレアモン』など。


目次:

▼今週の読物▼
◇現代作家アーカイヴ文学インタビュー第4回谷川俊太郎
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側224(横尾忠則)
◇連載=現代短歌むしめがね(山田航)
◇連載=漢字点心165(円満字二郎)
◇連載=読写!一枚の写真から(岩尾光代)(7)
◇連載=元気に、出版。出版、元気に。=「週刊漫画TIMES」(下)(森彰英)
▼今週の書評▼
▽倉本一宏編「現代語訳 小右記1」(十川陽一)
▽ウー・ホン著「北京をつくりなおす」(関智英)
▽松山壽一著「造形芸術と自然」(寄川条路)
▽ドゥニ・オリエ著「ジョルジュ・バタイユの反建
築」(濱野耕一郎)
▽若松英輔・和合亮一著「往復書簡 悲しみが言葉
をつむぐとき」(谷川直子)
▽平岡敏夫著「「明治文学史」研究」(宗像和重)
▽川名大著「昭和俳句の検証」(青木亮人)
▽稲垣瑞雄著「曇る時」(小林広一)
▽エリック・リヒトブラウ著「ナチスの楽園」(吉田一彦)
▽田口幹人著「まちの本屋」(石橋毅史)
▽岡村幸宣著「《原爆の図》全国巡回」(アライ=ヒロユキ)
▽安田茂美・松井文恵著「写実絵画とは何か?」(峰順一)

ジャンル:
文芸 > 外国文学 芸術・教養 > 精神世界 人文・思想 > 社会心理 雑誌 > 人文・社会
販売開始:
2016/01/15
ファイルサイズ:
9.16MB
CODE:
J0010379BK0041665001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 280円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

週刊読書人2016年1月15日号/3123号
販売(無期限): 税込 280