いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 芸術・教養 > 映画 > 週刊読書人2016年1月22日号/3124号
週刊読書人2016年1月22日号/3124号

週刊読書人2016年1月22日号/3124号

著者:
週刊読書人編集部 蓮實重彥 伊藤洋司
出版社:
読書人

概要:

▼特集▼
蓮實重彦インタビュー(聞き手=伊藤洋司)原節子と日本の名女優
追悼・原節子 ―山田五十鈴・小暮実千代・杉村春子・有馬稲子・岡田茉莉子・香川京子・高峰秀子・若尾文子・京マチ子・岸惠子・司葉子
★戦前・戦後を通して活躍し、四二歳の若さで引退した女優・原節子が、昨年九月五日亡くなったことが、作年末に報じられた。新聞各紙では一面で報じられた。都内の書店でも、追悼フェアが開催され、老若男女問わず、原節子の関連本を手に取る姿が見かけられた。フォトブック『原節子』もそんな一冊。映画スチール等で二八年にわたる活動の歴史を振り返る。「永遠の処女」というイメージが流布しているが、果たして原節子とはどのような女優だったのか。映画批評家の蓮實重彥彦氏にお話しをうかがった。また原節子と同時代に活躍した日本の名女優についても合わせてうかがった。聞き手は本紙映画時評担当・伊藤洋司氏にお願いした。

<1面のコンテンツ>
1:小津映画の原節子
2:演出の時間と演技の時間
3:『上海陸戦隊』の中国女役
4:天下一品の演技
5:『近松物語』の香川京子
6:小津映画の四番バッター

※はすみ・しげひこ氏=映画批評家・仏文学者。元東大総長。著書に「『ボヴァリー夫人』論」「監督 小津安二郎」など。一九三六年生。
※いとう・ようじ氏=中央大学教授・フランス文学専攻。「週刊読書人」映画時評担当。共著に「映像表現の地平」「フランス文化事典」など。一九六九年生。


目次:

新連載=あの人に会いたい①「森岡書店・森岡督行さん(上)(江原礼子)
◆「日本文明と地方創生」シンポジウム(石破茂、デービッド・アトキンソン、針原寿朗、猪瀬直樹)
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側225(横尾忠則)
◇連載=現代短歌むしめがね22(山田航)
◇連載=漢字点心166(円満字二郎)
◇連載=夜郎戯曆〈一月〉(安倍夜郎)
◇連載=ともかくスケッチ31(長友啓典)
▽渡名喜庸哲・森元庸介編「カタストロフからの哲学」(塚原史)
▽品川哲彦著「倫理学の話」(江口聡)
▽草柳千早著「日常の最前線としての身体」(好井裕明)
▽円城塔著「エピローグ」「プロローグ」(巽 孝之)
▽那須正幹著「ズッコケ熟年三人組」(野上 暁)
▽富塚昌輝著「近代小説という問い」(中村三春)
▽森史朗著「零戦 7人のサムライ」(稲垣真澄)
▽浜口裕子著「満洲国留日学生の日中関係史」(平野健一郎)
▽在本彌生著「わたしの獣たち」(楠本亜紀)
▽岳真也著「此処にいる空海」(大久保智弘)

ジャンル:
芸術・教養 > 映画 社会・政治 > 社会学 人文・思想 > 哲学・思想 雑誌 > 人文・社会
販売開始:
2016/01/22
ファイルサイズ:
6.40MB
CODE:
J0010379BK0042287001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 285円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

この著作者による商品

週刊読書人2016年1月22日号/3124号
販売(無期限): 税込 285