いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 外国文学 > 週刊読書人2016年3月11日号/3131号
週刊読書人2016年3月11日号/3131号

週刊読書人2016年3月11日号/3131号

著者:
週刊読書人編集部 佐藤嘉幸 田口卓臣
出版社:
読書人

概要:

▼特集▼
佐藤嘉幸/田口卓臣対談―「脱原発の哲学」(人文書院)刊行を機に
<脱原発の「切迫性」をめぐって>
「3・11」から5年―脱原発は即時可能である
 
★三月一一日で、東日本大震災・福島第一原発事故から五年が経つ。この五年間で何が明らかになったのか。科学、技術、政治、経済、歴史、環境等あらゆる角度から、原発事故について論じた『脱原発の哲学』が刊行された。著者は若手思想家である佐藤嘉幸・田口卓臣の両氏。果たして今「脱原発」は可能なのか――そう問う前に、脱原発はまさに「切迫」した問題として眼前にある。刊行を機に、おふたりにお話しをうかがった。(編集部)

<コンテンツ>
1:原発事故=「戦争」
2:「安全」イデオロギー
3:構造的差別のシステム
4:管理された民主主義
5:この出来事を見よ

★さとう・よしゆき氏は筑波大学准教授・哲学/思想史専攻。パリ第一〇大学博士号取得。著書に「権力と抵抗」「新自由主義と権力」など。一九七一年生。 ★たぐち・たくみ氏は宇都宮大学准教授・フランス文学専攻。東京大学大学院博士後期課程修了。著書に「ディドロ 限界の思考」など。一九七三年生。


目次:

◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)
◇連載=現代短歌むしめがね(山田航)
◇連載=漢字点心(円満字二郎)
◇連載=本の国へようこそ
▽映画時評・3月(伊藤洋司)
▽天童荒太『ムーンナイト・ダイバー』(文藝春秋)インタビュー
▽五百旗頭真/下斗米伸夫/A・V・トルクノフ/D・V・ストレリツォフ編「日ロ関係史」評:渋谷謙次郎
▽カンタン・メイヤスー著「有限性の後で」評:宮﨑裕助
▽ジェローム・スピケ著「ナディア・ブーランジェ」評:小宮正安
▽ステファヌ・マラルメ+ジャン=ピエール・リシャール著「アナトールの墓のために」評:郷原佳以
▽プリーモ・レーヴィ著「リリス」評:堤 康徳
▽ジョン・ワーゼン著「作家ロレンスは、こう生きた」評:田部井世志子
▽加藤幹雄著「ロックフェラー家と日本」評:飯森明子
▽前園実知雄著「中国歴史紀行」評:朝 浩之
▽鈴木肇著「恐怖政治を生き抜く」評:富田 武
▽高槻真樹著「映画探偵」評:北小路隆志

ジャンル:
文芸 > 外国文学 社会・政治 > 政治 人文・思想 > 哲学・思想 雑誌 > 人文・社会
販売開始:
2016/03/11
ファイルサイズ:
5.43MB
CODE:
J0010379BK0046852001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 285円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

この著作者による商品

週刊読書人2016年3月11日号/3131号
販売(無期限): 税込 285