いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > 読書人 > 週刊読書人2016年4月15日号/3136号
週刊読書人2016年4月15日号/3136号

週刊読書人2016年4月15日号/3136号

著者:
週刊読書人編集部 坂上弘 紅野謙介 五味淵典嗣 内藤千珠子
出版社:
読書人

概要:

▼特集▼
座談会=坂上弘×紅野謙介×五味淵典嗣×内藤千珠子<新たなる文学研究へ>『オンライン版 三田文学』(丸善雄松堂)刊行を機に
★丸善雄松堂より「オンライン版 三田文学」が刊行された。永井荷風を主幹に据えて一九一〇(明治四三)年五月に創刊された「三田文学」は何度かの休刊を経ながらも今なお続く歴史ある文芸誌の一つ。オンライン版はその創刊から戦前・戦時期にあたる一九四四(昭和一九)年十・十一月合併号までの三九七冊をデジタル化しオンラインで公開する。研究機関向けではあるが、過去の文芸誌をデジタル化することなどの意義を作家の坂上弘氏、また近代文学研究者の紅野謙介、五味渕典嗣、内藤千珠子の三氏に語ってもらった。
<主なコンテンツ>
1:100年続く雑誌のデジタル化
2:三田文学の持つ独自の「距離感」
3:文学を社会の中の現象として見る
4:当時の現場感覚が伝わるオンライン
5:豊富な書き手を擁する三田文学
6:神の手触りを活かしたデジタルに
★さかがみ・ひろし氏=小説家・慶應義塾大学出版会会長。一九五六年十一月号から一年間、江藤淳と「三田文学」の編集を担当。著書に「優しい碇泊地」「田園風景」「近くて遠い旅」「眠らんかな」ほか多数。芸術選奨新人賞、読売文学賞、野間文芸賞、川端康成文学賞ほか受賞多数。一九三六年生。★こうの・けんすけ氏=日本大学教授・近代日本文学専攻。著書に「書物の近代」「投機としての文学」「検閲と文学」ほか多数。一九五六年生。 ★ごみぶち・のりつぐ氏=大妻女子大学准教授・近現代日本語文学専攻。著書に「言葉を食べる」、共著に「三田文学創刊100年」ほか。一九七三年生。★ないとう・ちずこ氏=大妻女子大学准教授・近現代日本語文学・ジェンダー論専攻。著書に「帝国と暗殺」「小説の恋愛感触」「愛国的無関心」。一九七三年生。


目次:

▽太田尚樹著「尾崎秀実とゾルゲ事件」評:田口卓臣
▽及川卓著「ジェンダーとセックス」評:堀川聡司
▽菅孝行編「佐野碩人と仕事」評:本橋哲也
▽宮田昌明著「英米世界秩序と東アジアにおける日本」評:三宅正樹
▽角田光代著「拳の先」評:神田法子
▽小田切秀雄著「文芸学講義」評:黒古一夫
▽蘇芳のり子著「マルグリット・デュラス《幻想の詩学》」評:沓掛良彦
▽黒名ひろみ著「温泉妖精」評:大野由美子
▽森正人著「戦争と広告」評:市川孝一
▽飯村隆彦著「映像アートの原点1960年代」評:西村智弘
▽佐々木敦著「ゴダール原論」評:堀 潤之
▽戸部田誠著「1989年のテレビっ子」評:近藤正高
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)
◇連載=現代短歌むしめがね(山田航)
◇連載=漢字点心(円満字二郎)
◇連載=あの人に会いたい「三越伊勢丹 呉服商品部・浅子堅一郎」上(江原礼子)
◇連載=ともかくスケッチ(長友啓典)
▽植本一子氏『かなわない』インタビュー
≪次週予告≫◇次号<4月22日>予告
◇京都大学人文研シンポジウムレポート「いま、現代思想と政治を問い直す」
(10頁・定価280円)

ジャンル:
文芸 > 日本文学/国文学 社会・政治 > 社会学 人文・思想 > 哲学・思想 雑誌 > 人文・社会
販売開始:
2016/04/15
ファイルサイズ:
6.23MB
CODE:
J0010379BK0049962001
対応デバイス:
  購入 レンタル
価格(税込) 280円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -

この商品のシリーズ

この著作者による商品

週刊読書人2016年4月15日号/3136号
販売(無期限): 税込 280