いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > 読書人 > 週刊読書人2016年5月6日号/3138号
週刊読書人2016年5月6日号/3138号

週刊読書人2016年5月6日号/3138号

著者:
週刊読書人編集部 椹木野衣 代島治彦
出版社:
読書人

概要:

▼特集▼
椹木野衣/代島治彦×畠山容平×森達也/保坂和志/諏訪敦彦×想田和弘×深田晃司
<ドキュメンタリー映画の地平へ>
★九〇~〇〇年代、〈日常〉と〈不在〉にこだわり、ドキュメンタリーとは何かを突き詰めようとした映画作家、佐藤真。亡くなって九年が経つ今春、佐藤氏の単行本未収録原稿と、氏を取り巻く三十二人の書き下ろし原稿、インタビュー等を収録した『日常と不在を見つめて ドキュメンタリー映画作家 佐藤真の哲学』(里山社)が刊行された。それを機に、佐藤氏の教え子と仲間が中心となり、特集上映「佐藤真の不在を見つめて」が、三月二十四日から三日間、東京・千代田区のアテネ・フランセ文化センターで開催された。足を運んだ観客は約九〇〇人、全部で九本の映像作品と、それぞれの作品に合わせたトークに、佐藤氏の記憶と不在、ドキュメンタリーや表現について、思いを馳せる時間となった。そのトークの一部を抄録する。特集上映は、神戸、富山、京都での開催が決定している(上映情報7面)。


目次:

▽ジル・ドゥルーズ著「フランシス・ベーコン 感覚の論理学」評:堀 千晶
▽洪玧伸著「沖縄戦場の記憶と「慰安所」」評:下嶋哲朗
▽高野麻子著「指紋と近代」評:美馬達哉
▽舘野和己・出田和久編「日本古代の交通・交流・情報1」評:木本好信
▽金澤哲編著「ウィリアム・フォークナーと老いの 表象」評:諏訪部浩一
▽カルメン・L・オリヴェイラ著「めずらしい花 ありふれた花」評:旦 敬介
▽尾崎翠フォーラム実行委員会編「尾崎翠を読む」評:大和志保
▽中村三春編「映画と文学 交響する想像力」評:真銅正宏
▽藤岡啓介編著「翻訳者あとがき讃」評:阿部公彦
▽永井義男著「江戸の糞尿学」評:吉野太喜
▽池上裕子著「越境と覇権」評:河本真理
▽石上阿希著「へんてこな春画」評:エスムラルダ
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)
◇連載=現代短歌むしめがね(山田航)
◇連載=漢字点心(円満字二郎)
◇連載=ともかくスケッチ(長友啓典)
▽『アッシジの聖フランシスコ』刊行 藤城清治氏インタビュー
≪次週予告≫◇次号<5月13日号>予告
鼎談=板垣雄三・丸川哲史・羽根次郎/汪暉著『世界史のなかの世界』をめぐって

ジャンル:
芸術・教養 > ノンフィクション・ドキュメンタリー 社会・政治 > 時事 人文・思想 > 哲学・思想 雑誌 > 人文・社会
販売開始:
2016/04/29
ファイルサイズ:
5.98MB
CODE:
J0010379BK0050624001
対応デバイス:
  購入 レンタル
価格(税込) 280円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -

この著作者による商品

週刊読書人2016年5月6日号/3138号
販売(無期限): 税込 280