いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 小説(国内) > 週刊読書人2016年7月1日号/3146号
週刊読書人2016年7月1日号/3146号

週刊読書人2016年7月1日号/3146号

著者:
週刊読書人編集部 山田詠美 倉本さおり
出版社:
読書人

概要:

▼特集▼
山田詠美氏ロングインタビュー(聞き手=倉本さおり)<言葉の可能性を極限まで高める>
『珠玉の短編』(講談社)刊行を機に
★作家・山田詠美氏が、川端康成文学賞受賞作「生鮮てるてる坊主」を含む短編集『珠玉の短編』を上梓した。『放課後の音符』『色彩の息子』『風味絶佳』など、数多くの短編集を刊行してきた山田氏だが、短編集を編む時には、必ずテーマを自身の中で設定してから執筆をはじめるという。今回挑んだテーマは、「言葉」。言葉の可能性を極限まで高めることを、一貫して追求した。山田氏に、お話をうかがった。聞き手は、昨年、本紙文芸時評を担当したライターの倉本さおり氏にお願いした。
<主なコンテンツ>
1:予定調和を崩す
2:洗練されたうえに野蛮
3:「いい意味での裏切り」
4:「遊びもの」としての言葉
5:その人だけの一冊
6:顰蹙こそ文学
★やまだ・えいみ氏は作家。一九八五年に『ベッドタイムアイズ』で文藝賞を受賞し作家デビュー。八七年『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木三十五賞、八九年『風葬の教室』で平林たい子文学賞、九一年『トラッシュ』で女流文学賞、九六年『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、二〇〇一年『A2Z』で読売文学賞、〇五年『風味絶佳』で谷崎潤一郎賞、一二年『ジェントルマン』で野間文芸賞を受賞。★くらもと・さおり氏はライター・書評家。「小説トリッパー」「週刊新潮」等で連載を執筆。


目次:

◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)
◇連載=現代短歌むしめがね(山田航)
◇連載=漢字点心(円満字二郎)
▽文芸同人誌評(白川正芳)
◇連載=ともかくスケッチ(長友啓典)
▽日本酒はなぜうまいのか?日本文明研究所シンポジウム載録
▽スティーヴン・ワインバーグ著「科学の発見」評:猪野修治
▽ジャン・ウリ著「精神医学と制度精神療法」評:可能涼介
▽久保文克著「近代製糖業の経営史的研究」評:橘川武郎
▽加藤尚武著「死を迎える心構え」評:寄川条路
▽矢澤美佐紀著「女性文学の現在」評:竹内栄美子
▽田鎖数馬著「谷崎潤一郎と芥川龍之介」評:関口安義
▽加古陽治著「一首のものがたり」評:五十鈴邦男
▽姜信子著「妄犬日記」評:日和聡子
▽松村志乃著「王安憶論」評:工藤貴正
▽円満字二郎著「漢字の使い分けときあかし辞典」評:青木亮人
▽藤田直哉編著「地域アート」評:影山裕樹
▽小島康誉・王衛東編「新疆世界文化遺産図鑑」評:谷口陽子
◆次号<7月8日号>予告
千葉雅也・大橋完太郎・星野太=鼎談
<カンタン・メイヤスー『有限性の後で』とSRの受容・応用の仕方>
(8頁・定価280円)

ジャンル:
文芸 > 小説(国内) 芸術・教養 > 一般 人文・思想 > 哲学・思想 雑誌 > 人文・社会
販売開始:
2016/07/01
ファイルサイズ:
5.72MB
CODE:
J0010379BK0052755001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 280円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この商品のシリーズ

この著作者による商品

週刊読書人2016年7月1日号/3146号
販売(無期限): 税込 280