いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 社会・政治 > 社会学 > 週刊読書人2016年7月15日号/3148号
週刊読書人2016年7月15日号/3148号

週刊読書人2016年7月15日号/3148号

著者:
週刊読書人編集部 内田樹 室井尚
出版社:
読書人

概要:

▼特集▼
討議=内田樹・室井尚<文系学部解体・廃止の最終時計>
連続討議「文系学部解体―大学の未来」第1回(施:横浜国立大学)
★六月十六日、神奈川県横浜市の横浜国立大学で、「『文系学部解体』以降の日本の大学」と題されたシンポジウムが開かれた、昨年十二月に『文系学部解体』(角川新書)を刊行して話題を呼んだ、室井尚氏(同大学教授)が企画した会で、五回にわたって行われる連続討議「文系学部解体―大学の未来」の第一回目である。初回のゲストは評論家の内田樹氏。文系学部解体・廃止への「最終時計」は、果たしてどこまで進んでいるのか。この討議の模様を載録させてもらった。教育の荒廃は、社会の荒廃・衰退にもそのまま直結する問題である。「週刊読書人」では、この問題に注目し、幅広い分野の方々からの意見を募ります。地方大学に勤める教員の方、あるいは私立大学に勤務する教員の方、大学生、大学院生も含めて、郵送およびホームページで受付けいたします。インタビュー等、取材に関するお問い合わせも是非お寄せください。
<主なコンテンツ>
1:強制された「改革」
2:今は大学淘汰の過程
3:想像の共同体
4:大学人に話し合いの場を
5:イノベーションが起きる組織
6:教員の相互評価は可能か
★うちだ・たつる氏は神戸女学院大学名誉教授・思想家・武道家。著書に「先生はえらい」「困難な成熟」など。一九五〇年生。★むろい・ひさし氏は横浜国立大学教授。著書に「たばこ狩り」「哲学問題としてのテクノロジー」など。一九五五年生。


目次:

◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)
◇連載=現代短歌むしめがね(山田航)
◇連載=漢字点心(円満字二郎)
◇連載=読写!一枚の写真から(岩尾光代)
◇連載=あの人に会いたい「器作家・デザイナー イイホシユミコ」(上)(江原礼子)
▽私が観たルノワール 『ルノワール展』開催を機に
◇連載=ともかくスケッチ(長友啓典)
▽ジョン・マクダウェル著「徳と理性」評:齋藤元紀
▽村井則夫著「人文学の可能性」評:藤本夕衣
▽橘川武郎著「応用経営史」評:沢井実
▽鎌田東二著「世阿弥」評:秋丸知貴
▽窪美澄著「アカガミ」評:藤田直哉
▽長山靖生著「奇異譚とユートピア」評:末國善己
▽イレーヌ・ネミロフスキー著「血の熱」評:塚本昌則
▽安西晋二著「反復/変形の諸相」評:藤井貴志
▽奥村彪生著「日本料理とは何か」評:江原絢子
▽桐村英一郎著「熊野からケルトの島へ」評:栩木伸明
▽速水健朗著「東京β」評:初田香成
▽沢渡朔写真集「Rain」評:清水穣
▽樋口ヒロユキ「ソドムの百二十冊」評:相馬俊樹
◆次号<7月22日号>予告
=2016年上半期の収穫から<44人へのアンケート>
(10頁・定価300円)

ジャンル:
社会・政治 > 社会学 人文・思想 > 哲学・思想 教育 > 学校教育 雑誌 > 人文・社会
販売開始:
2016/07/15
ファイルサイズ:
6.27MB
CODE:
J0010379BK0053218001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 280円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

週刊読書人2016年7月15日号/3148号
販売(無期限): 税込 280