いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 芸術・教養 > 一般 > 週刊読書人2016年9月2日号/3155号
週刊読書人2016年9月2日号/3155号

週刊読書人2016年9月2日号/3155号

著者:
週刊読書人編集部 宇野邦一 堀千晶
出版社:
読書人

概要:

▼特集▼
宇野邦一・堀千晶対談<二十歳のドゥルーズに出会い直す>『ドゥルーズ 書簡とその他のテクスト』(河出書房新社)刊行を機に
★『差異と反復』『意味の論理学』『千のプラトー』『アンチ・オイディプス』等の著作で知られる、二〇世紀のフランスを代表する哲学者ジル・ドゥルーズが亡くなってから、昨年で二〇年が経った。そのドゥルーズが、ガタリ、フーコー、クロソウスキーらに宛てた書簡や、ヒューム講義、『アンチ・オイディプス』に関する対話、未刊行テクスト、生前は刊行を禁じられた初期論考、これらをまとめて収録した論集『ドゥルーズ 書簡とその他のテクスト』(河出書房新社)が上梓された。刊行を機に、訳者である宇野邦一、堀千晶の両氏に対談をしてもらった。
<主なコンテンツ>
1:「お蔵入り」だったテクスト
2:手紙が持つ生々しさ
3:サルトルの影響
4:出発点としてのヒューム
5:「野性的な」思考法
6:ドゥルーズ=ガタリの政治学
★うの・くにいち氏は立教大学名誉教授・フランス哲学専攻。著書に「ドゥルーズ 群れと結晶」など。訳書に、ドゥルーズ「フランシス・ベーコン 感覚の論理学」など。一九四八年生。★ほり・ちあき氏は早稲田大学助教・フランス哲学専攻。著書に「ドゥルーズ キーワード」(共著)など。訳書に、ラプジャード「ドゥルーズ 常軌を逸脱する運動」など。一九八一年生。


目次:

▽文芸同人誌評(白川正芳)
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)
◇連載=現代短歌むしめがね(山田航)
◇連載=漢字点心(円満字二郎)
◇連載=ニュー・エイジ登場(小針侑起)
▽論潮・9月(大野光明)
▽文芸・9月(友田健太郎)
◇芥川賞について話をしよう第10弾(小谷野敦・小澤英実)
▽二クラス・ルーマン著「社会の宗教」評:小山裕
▽ニコラス・ランド+マリア・トローク著「フロイトの矛盾」評:古橋忠晃
▽崔実著「ジニのパズル」評:文月悠光
▽せなけいこ著「ねないこはわたし」評:川辺陽子
▽石内都著「写真関係」「フリーダ 愛と痛み」評:楠本亜紀
▽小正路淑泰編著「堺利彦」評:竹内栄美子
▽山村博美著「化粧の日本史」評:山本芳美
▽モリー・グプティル・マニング著「戦地の図書館」評:高瀬毅
◆次号<9月9日号>予告
 石井光太・歌代幸子=対談『「鬼畜」の家 わが子を殺す親たち』刊行を機に。
(8頁・定価280円)

ジャンル:
芸術・教養 > 一般 社会・政治 > 社会学 人文・思想 > 哲学・思想 雑誌 > 人文・社会
販売開始:
2016/09/02
ページ数
8ページ
ファイルサイズ:
4.94MB
CODE:
J0010379BK0054286002
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 280円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この商品のシリーズ

この著作者による商品

週刊読書人2016年9月2日号/3155号
販売(無期限): 税込 280