いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 芸術・教養 > 一般 > 週刊読書人2016年9月9日号/3156号
週刊読書人2016年9月9日号/3156号

週刊読書人2016年9月9日号/3156号

著者:
週刊読書人編集部 石井光太 歌代幸子
出版社:
読書人

概要:

▼特集▼対談=石井光太×歌代幸子<分からなさに向き合うことから>『「鬼畜」の家 わが子を殺す親たち』(新潮社)刊行を機に
★『遺体』『絶対貧困』など、衝撃の社会の真実を描き出してきた作家の石井光太氏が、『「鬼畜」の家 わが子を殺す親たち』(新潮社)を刊行した。本書では近年起ったネグレクト事件から「厚木市幼児餓死白骨化事件」「下田市嬰児連続殺害事件」「足立区ウサギ用ケージ監禁虐待死事件」が丹念に取材されている。  厚生労働省によれば、全国の児童相談所が二〇一五年度に対応した児童虐待は十万件を超えた。  虐待……気持ちのよい話ではない。でも自分には関係ないこと、と知らぬふりでよいのか。刊行を機に、ノンフィクションライターの歌代幸子氏と対談していただいた。
<主なコンテンツ>
1:一日一人ネグレクトで子どもが殺されている
2:惑い、葛藤を読者も共に味わってくれるなら
3:反社会ならぬ非社会化する状況を伝える難しさ
4:男性が書く、夫にフォーカスした子どもの虐待事件
5:彼らは、彼らなりに確かに子供を愛していた
6:不完全な人間という生き物を支えるのが社会
★いしい・こうた氏=作家。国内外を舞台にしたノンフィクションを中心に、児童書、小説など幅広く執筆活動を行う。主な著書に『物乞う仏陀』『神の棄てた裸体』『絶対貧困』『レンタルチャイルド』『地を這う祈り』『遺体』『浮浪児1945―』、小説に『蛍の森』、責任編集『ノンフィクション新世紀』など。一九七七年生。 ★うたしろ・ゆきこ氏=ノンフィクションライター。人物ルポルタージュを主に、スポーツ、教育、事件取材等を手がける。著書に『私は走る―女子マラソンに賭けた夢』『音羽「お受験」殺人』『精子提供 父親を知らない子どもたち』『慶應幼稚舎の流儀』など。一九六四年生。


目次:

▽映画時評<9月>(伊藤洋司)
◇連載=本の国へようこそ
▽松本俊夫著、阪本裕文編「松本俊夫著作集成」(全四巻)刊行開始に寄せて(西村智弘)
◇集中連載=吉見俊哉・室井尚『文系学部解体』VS『「文系学部廃止」の衝撃』
◇連載=ともかくスケッチ(長友啓典)
▽出版探訪=暮しの手帖社(上)
▽ユルゲン・ハーバーマス著「真理と正当化」評:大河内泰樹
▽ジョルジュ・バタイユ著「マネ」評:濱野耕一郎
▽藤田尚志・宮野真生子編「愛・性・家族の哲学」全3巻 評:千田有紀
▽橋本治著「お春」評:清水良典
▽パウル・ツァウネルト編「ドナウ民話集」評:樋口淳
▽チャールズ・ブコウスキー著「ワインの染みがついたノートからの断片」評:長瀬海
▽片山宏行・山口政幸監修、若松伸哉・掛野剛史編集「菊池寛現代通俗小説事典」評:和田博文
▽シャルル・フレジェ著「YOKAI NO SHIMA」評:石倉敏明
▽植松明石監修、民俗文化研究所奄美班編「奄美の人・くらし・文化」評:柿美奈
▽金森絵里著「原子力発電と会計制度」評:寺西俊一
◆次号<9月23日(16日合併号)>予告
佐野眞一氏インタビュー(聞き手=新井信)『唐牛伝敗者の戦後漂流』(小学館)刊行を機に

ジャンル:
芸術・教養 > 一般 社会・政治 > 社会学 社会・政治 > 時事 雑誌 > 人文・社会
販売開始:
2016/09/09
ページ数
8ページ
ファイルサイズ:
5.42MB
CODE:
J0010379BK0055332001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 280円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

週刊読書人2016年9月9日号/3156号
販売(無期限): 税込 280