いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 雑誌 > 人文・社会 > 週刊読書人2017年6月30日号/3196号
週刊読書人2017年6月30日号/3196号

週刊読書人2017年6月30日号/3196号

著者:
週刊読書人編集部
出版社:
読書人

概要:

対談=田島泰彦×斎藤貴男
融解したジャーナリズム
「共謀罪」法案成立の背景にあるメディアの危機


目次:

《今週の読物》
■3面
▽編者から読者へ=「通信制高校のすべて」(手島純)
▽文芸同人誌評(白川正芳)
◇連載=日常の向こう側ぼくの内側 297回(横尾忠則)
◇連載=現代短歌むしめがね 92回(山田航)
◇連載=漢字点心 236回(円満字二郎)
 
■6面
◇連載=「映画/映画作家/映画批評」(ジャン・ ドゥーシェ氏に聞く) 13回(聞き手=久保宏樹)
 
■7面
◇連載=American Picture Book Review 3回(堂本かおる)
 
■8面
▽対談=堀禎一×伊藤洋司/『夏の娘たち』と堀監督作品をめぐって
 
 
《今週の書評》
■4面〈学術・思想〉
▽田村哲樹著「熟議民主主義の困難」
評:早川 誠
▽石原俊著「群島と大学」
評:中島一夫
▽マイケル・R・マラス著「ホロコーストに教訓はあるか」
評:宮崎 悠
▽ヘイドン・ホワイト著/上村忠男編訳「歴史の喩法」
評:櫻井悟史
 
■5面〈文学・芸術〉
▽高橋順子著「夫・車谷長吉」
評:森川雅美
▽エドウィージ・ダンティカ著「ほどける」
評:上原尚子
▽アントニオ・タブッキ著「とるにたらないちいさないきちがい」
評:栗原俊秀
▽西田谷洋編「文学研究から現代日本の批判を考える」
評:藤田直哉
 
■6面〈読物・文化〉
▽延江浩著「愛国とノーサイド」
評:高瀬 毅
▽女子パウロ会編著「神父さま、なぜ日本に?」
評:塩見弘子
▽葛西リサ著「母子世帯の居住貧困」
評:生田武志
▽川村晃生著「見え始めた終末」
評:石井正己
▽芳賀日出男著「写真民俗学」
評:土田 拓
 
<書評キャンパス 大学生がススメる本>
▽上野正彦・高木徹也監修「DEATHペディア イラスト図解 人はどこまで生きてられるのか?」
評:福市彩乃(関西大学)
 
 
◆次号<7月7日号予告>
石川九楊氏に聞く=「書だ!石川九楊展」と「著作集」をめぐって
(8頁・定価280円)

ジャンル:
雑誌 > 人文・社会
販売開始:
2017/06/30
ページ数
8ページ
ファイルサイズ:
5.40MB
CODE:
J0010379BK0064763001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 280円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

週刊読書人2017年6月30日号/3196号
販売(無期限): 税込 280