いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 生活 > 健康法 > 化学物質過敏症に習う栄養医学
化学物質過敏症に習う栄養医学

立ち読み

化学物質過敏症に習う栄養医学

著者:
宮田幹夫 乳井美和子
出版社:
宮田幹夫

概要:

化学物質過敏症とは微量な化学物質で体調が非常に不良となる病気です。
患者さんが反応して化学物質は、基本的には体に悪い物質です。
感受性が高いために、他の人たちよりも早く環境汚染に泣き出しているのです。
いわば、環境汚染に泣くカナリヤさん達です。
この患者さん方の診察をしていると、いろいろな問題が見えてきます。
そして、この患者さん方が反応している物質を避け、その改善する手段をまねることが、健康維持の基本につながることが分かってきました。
筆者たちも患者さん方の生活をまねて暮らしています。
この本を読めば、情報産業に踊らされて変な生活をしている方は、患者さん方の対応を通して、ご自分の健康管理に利用して頂けるはずです。

ジャンル:
生活 > 健康法 ライフスタイル > 健康 理学・工学 > 環境
販売開始:
2016/10/13
ファイルサイズ:
4.47MB
CODE:
J0010399BK0056199001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 1,800円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

本書は、日常の食生活においていかにメディアに惑わされることなく、健康管理に注意すべき点が多々あることを伝えるために書かれた一冊である。著者が化学物質過敏症の患者への対応を通してわかってきた化学的物質を体内に入れることによる影響とそれを防ぐべきであることが記されている。

微量な化学物質でも体調が著しく不良となる、「化学物質過敏症」について注目した内容になっており、治療法はもちろん、小児への影響が詳しく書かれているので、食品に配合されている化学物質は、基本的に体に悪い物質であるということを強く認識することができるだろう。

本書は、化学物質による影響について、科学的な目線から論理的に記述されており、原因を断つところから取り組むべきであるとはいいつつも、完璧に実行するのは現実的に難しいことも多いことからその対処法や被害を最小限に食い止めるために必要なことを記している。症例も紹介されているので、他人事ではいられないことを実感できるだろう。化学的な物質を体内に入れるべきではないその理由と本当の怖さを本書にて理解できるだろう。

自分の身は自分で守るしかないのだから、危機感を持つためにも読んでみるといいだろう。読み進めることで、化学物質の怖さと、身の回りには、あまりにも化学物質が使用されている物が周囲には多いことを再認識し、これからの対応に役立てて欲しい。今後の健康的な生活において参考になる点が多いところも、この本のおすすめポイントである。

化学物質過敏症に習う栄養医学
販売(無期限): 税込 1,800