いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 短歌・俳句 > 能村登四郎全句集
能村登四郎全句集

能村登四郎全句集

著者:
能村研三
出版社:
ふらんす堂

概要:

◆全句集
火を焚くや枯野の沖を誰か過ぐ
「真の伝統作家というものは明日への創造をなし得る人であって、明日の方策のないものは真の伝統作家とは呼べない。」とみずからが語ったように、能村登四郎は伝統というものの意味を常に問い続けた作家であった。90歳の生涯を終えるその時まで詩の泉は枯渇することなく「俳句は叙情詩」の信念を貫いた。
解題・年譜 能村研三
既刊14句集に海外詠を加えた6516句を収録。


◆収録内容
第一句集 『定本・咀嚼音』
第二句集 『定本・合掌部落』
第三句集 『定本・枯野の沖』
第四句集 『民話』
第五句集 『幻山水』
第六句集 『有為の山』
第七句集 『冬の音楽』
第八句集 『天上華』
第九句集 『寒九』
第十句集 『菊塵』
第十一句集 『長嘯』
第十二句集 『易水』
第十三句集 『芒種』
第十四句集 『羽化』
海外詠 『欧州紀行』より
解題/年譜 能村研三
初句索引

ジャンル:
文芸 > 短歌・俳句
販売開始:
2017/10/03
ファイルサイズ:
10.22MB
CODE:
J0019002BK0067703001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 9,720円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 5回 -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
能村登四郎全句集
販売(無期限): 税込 9,720