いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 理学・工学 > 科学 > BIOPHILIA 電子版第18号 (2016年7月・夏号) 特集 「腸内細菌と腸共生系」
BIOPHILIA 電子版第18号 (2016年7月・夏号) 特集 「腸内細菌と腸共生系」

BIOPHILIA 電子版第18号 (2016年7月・夏号) 特集 「腸内細菌と腸共生系」

著者:
上野川修一
出版社:
アドスリー

概要:

【特集】 ヒトとウイルス・細菌・寄生虫の関係について、「人間が善、細菌が悪」とい
う考え方を止めるよう呼び掛け、「宿主(人)とその寄生生物(微生物:ウイルス・
細菌・寄生虫)は、それぞれのゲノムが結び付いてキメラのような状態になって
いる超個体と見なすべきです」とレーダーバーグは述べます。
 腸内細菌がいなくなると免疫が「暴走」します。腸炎とは、腸がただれたり、
下痢が起きたりします。からだは免疫という仕組みを持っており、細菌をはじめ
とした異物に抵抗しています。腸内細菌があるとよいバランスを保っていますが、
腸内細菌がいなくなると免疫が過剰な反応をして、いわば暴走し始める現象を
発見、腸内細菌の17種類を腸に投与すると腸の炎症を押さえ込めることまで突
き止めました。今最も注目されています腸内フローラを最新の知見で構成します。

ジャンル:
理学・工学 > 科学
販売開始:
2018/07/18
ファイルサイズ:
27.91MB
CODE:
J0019002BK0074907001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 944円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

BIOPHILIA 電子版第18号 (2016年7月・夏号) 特集 「腸内細菌と腸共生系」
販売(無期限): 税込 944