いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 人文・思想 > 哲学・思想 > 昭和精神史
昭和精神史

昭和精神史

著者:
桶谷秀昭
出版社:
扶桑社

概要:

敗戦から75年、戦後はまだ終わっていない!
昭和改元、マルクス主義と国体論の台頭、二・二六事件、日華事変、日米開戦、そして敗戦――
激動の昭和前史の記憶を風化させないために毎日出版文化賞受賞の名著、待望の復刊!

<解説:長谷川三千子(埼玉大学名誉教授)>

この作品のうちに、ただひたすら没入し、沈潜し、そこにひびく静かな旋律に耳をかたむける……。
するとそこから、現在のわれわれが何を失つてしまつたのかが、自ら明らかになつてくるであらう。
その喪失を、とことん腹の底から思ひ知ること以外に、日本の再生への道はない。
令和の御代のはじまつたばかりの今、この『昭和精神史』こそは、あらためて広く読まれるべき本である。 ――解説より

【目次】
第 一 章 昭和改元
第 二 章 革命支那と昭和日本
第 三 章 感覚的純粋人と思想的純粋人
第 四 章 革命と国家
第 五 章 橘孝三郎 中野藤作 中野重治
第 六 章 モダニズム
第 七 章 言霊とイロニイ
第 八 章 雪ふる朝 北一輝と青年将校(一)
第 九 章 あを雲の涯 北一輝と青年将校(二)
第 十 章 「支那事変」と文学
第十一章 戦争の文化体験
第十二章 『ぼく東綺譚』と『雪国』
第十三章 新体制と皇紀二千六百年 日本文化の世界構想
第十四章 日米開戦と近代の超克
第十五章 南溟の果て
第十六章 大東亜共栄圏
第十七章 汪兆銘和平運動の悲劇
第十八章 最後の出撃
第十九章 降伏と被占領の間
第二十章 春城草木深し

ジャンル:
人文・思想 > 哲学・思想
販売開始:
2020/08/18
ファイルサイズ:
1.92MB
CODE:
J0019002BK0098874001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 2,970円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 
昭和精神史
販売(無期限): 税込 2,970