いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 社会・政治 > 社会学 > 差別されてる自覚はあるか 横田弘と青い芝の会「行動綱領」
差別されてる自覚はあるか 横田弘と青い芝の会「行動綱領」

差別されてる自覚はあるか 横田弘と青い芝の会「行動綱領」

著者:
荒井裕樹
出版社:
ボイジャー

概要:

ポスト相模原事件の必読書

1970~80年代の障害者運動を牽引し、「否定されるいのち」の立場から健全者社会に鮮烈な批判を繰り広げた日本脳性マヒ者協会青い芝の会の「行動綱領」を起草、理論的支柱であった故・横田弘の思想と今日的な意義を探究する。

【著者】
荒井裕樹
1980年、東京都生まれ。
2009年、東京大学大学院人文社会系研究科修了。博士(文学)。
日本学術振興会特別研究員、東京大学大学院人文社会系研究科付属次世代人文学開発センター特任研究員を経て、現在は二松學舍大学文学部准教授。
専門は障害者文化論・日本近現代文学。
著書に『障害と文学──「しののめ」から「青い芝の会」へ』(現代書館)、『隔離の文学──ハンセン病療養所の自己表現史』(書肆アルス)、『生きていく絵──アートが人を〈癒す〉とき』(亜紀書房)がある。

ジャンル:
社会・政治 > 社会学
販売開始:
2020/10/13
ファイルサイズ:
9.44MB
CODE:
J0019002BK0102354001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 2,420円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 
差別されてる自覚はあるか 横田弘と青い芝の会「行動綱領」
販売(無期限): 税込 2,420