いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > 著作者別 > 伊丹万作
Twitter    Hatebu  Googleplus  Facebook 

伊丹万作

検索結果20件中1件から20件までを表示
  • タイトル: 思い 情報局の映画新体制案について
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  寝台の上で、何を思いわずろうてみてもしようがないが、このたびの改革案が発表されたときは、やはり強くなぐられたような気がした。 自分一個の不安もさることながら、それよりもまず、失業群としての、大勢の映画人の姿が、黒い集団となつてぐんと胸にきた。 痛く、そしてせつない感情であつた。 しか....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 一つの世界 ――私信――
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  君の手紙と東京から帰った会社の人の報告で東京の惨状はほぼ想像がつく。 要するに「空襲恐るるに足らず」といった粗大な指導方針が事をここに至らしめたのだろう。 敵が頭の上に来たら日本の場合防空はあり得ない、防空とは敵を洋上に迎え撃つこと以外にはないとぼくは以前から信じていたがまちがって......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 広告
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  この一文は私の友人の著書の広告であるから、広告のきらいな方はなにとぞ読まないでいただきたい。  このたび私の中学時代からの友人中村草田男の句集が出た。 署名を『長子』という。  一部を贈られたから早速通読して自分の最も好む一句を捨つた。 すなわち、 冬の水一枝の影も欺かず ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 著作権の問題
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要: 著作権の問題 伊丹万作  社会の各層に民主化の動きが活溌になつてくると同時に、映画界もようやく長夜の眠りから覚めて――というとまだ体裁がよいが、実はいやおうなしにたたき起された形で、まだ眠そうな眼をぼんやりと見開きながらあくびばかりくりかえしている状態である。  しかし... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 顔の美について
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要: 顔の美について 伊丹万作  人間が死ぬる前、与えられた寿命が終りに近づいたときは、その人間の分相応に完全な相貌に到達するのであろうと思う。  完全な相貌といつただけでは何のことかわからぬが、その意味は、要するにその人の顔に与えられた材料をもつてしては、これ以上立派な形は... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 戦争中止を望む
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  現在の日本は政治、軍事、生産ともに行き当りばったりであり、万事が無為無策の一語に尽きる。  我々国民は、政府が勝利に対する強力なる意志と、周到なる計画性とその実行力とを示してくれるならばいかなる困苦にも堪え得るものであるが、現実においてあらゆる事態がその無計画無能力を暴露して... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 映画と癩の問題
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  数年来、映画をまったく見ていない私は、作品としての映画を批評する資格を持たない。 したがって私は、映画「小島の春」を批評することはできないが、癩というものが、あのような仕方で映画にされ、あのような方法で興行されたという事実に対してはいまだに深い疑問をいだいている。 そしてこの疑問は......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 映画界手近の問題
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  だれかが私に映画界の七不思議を選定してみないかといったら、私は即座に四社連盟をあげる。 そしてあとの六つはだれか他の人に考えてもらう。  四社連盟というものの不可思議性については以下私が申し述べるところによっておのずと会得されるだろうと思うが、とりあえず私は自分の知っている範囲......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 演技指導論草案
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要: ○演技指導という言葉はわずかにこの仕事の一面を表出したにすぎない。 この仕事の真相は指導でもなく、監督でもなく、化育でもなく、叱正でもない。 最も感じの似通った言葉をさがせば啓発であろうが、これではまだ少し冷たい。  仕事中我々は意識して俳優に何かをつけ加えることもあるが、この仕事....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 戦争責任者の問題
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  最近、自由映画人連盟の人たちが映画界の戦争責任者を指摘し、その追放を主張しており、主唱者の中には私の名前もまじつているということを聞いた。 それがいつどのような形で発表されたのか、くわしいことはまだ聞いていないが、それを見た人たちが私のところに来て、あれはほんとうに君の意見かとき... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 政治に関する随想
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  私は生れてからこのかた、まだ一度も国民として選挙権を行使したことがない。  私はそれを自慢するのではない。 むしろ一つの怠慢だと思つている。 しかし、ここに私が怠慢というのは、私が国民としての義務を怠つたという理由からではなく、たんに芸術家として、与えられた観察の機会をむだにした....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 雑文的雑文
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  映画のことなら何でもよいから見計いで書けという命令であるが、私は天性頭脳朦朧、言語不明瞭、文章曖昧、挙動不審の人物であるからたちまちはたとばかりに当惑してしまう。  しかも命令の主は官営雑誌のごとき威厳を備えた『中央公論』である。 断りでもしようものならたちまち懲役何カ月かをく......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 映画の普及力とは
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  現在の映画はまるで植物のようだ。 それは歩かない。 こちらが出かけて行かねばならぬ。 したがつて我々病人にはまつたく無関係のものだ。  何年かまえ松竹座を除いてはまだ京都中の映画館にも映画会社にもトーキーの再生装置がなかつたとき、本願寺の大谷さんのおやしきの一隅にはちやんとトーキ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: ルネ・クレール私見
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:         前書  ルネ・クレールに関する一文を求められたのであるが、由来クレールに関してはほとんどもう語り尽された観がある。 しかし考えてみると私には別な見方がないでもない。 それを書いて見ようというのであるが自分の仕事のことなどを考えると気恥ずかしくてクレール論などは書......
    価格: 税込 0
  • タイトル: カメラに関する覚え書
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  ある人が私の作品のあるカメラ・ポジションを批評して、必然性がないから正しくないといつた。  私の考えではカメラ・ポジションに必然性がないということはあたりまえのことで、もしも必然性などというものを認めなければならぬとしたら非常に不都合なことになるのである。  なぜならば一つ......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 私の活動写真傍観史
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  明治三十九年の秋だつたと思う。  当時七歳の私は父に連れられて神戸港新開地の掛小屋で活動写真に見いつていた。  天幕のすきまからはいつてくる風にあおられて波のようにうねる映写幕には日露戦争の実況(?)が写つていた。  我々は観客席(といつてもそこは材木と布でしきられた何坪....
    価格: 税込 0
  • タイトル: わが妻の記
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:         素姓  中学時代の同窓にNという頭のいい男がいた。 海軍少尉のとき、肺を病つて夭折したが、このNの妹のK子が私の妻となつた。  妻の父はトルストイにそつくりの老人で税務署長、村長などを勤め、晩年は晴耕雨読の境涯に入り、漢籍の素養が深かつた。  私の生れは四....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 余裕のことなど
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  近ごろの世相は私に精神的呼吸困難を感じさせることが多い。 しかし、日本人がもしも本来の大和心というものを正しく身につけているならば、世の中が今のようにコチコチになつてしまうはずはないのである。  たとえば直情径行は大和心の美しい特質の一つであるが、近ごろの世の中のどこを見てもそ......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 映画と音楽
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  映画における音楽の位置をうんぬんするとき、だれしも口をそろえて重大だという。  なぜ重大なのか。 どういうふうに重大なのか。 だれもそれについて私に説明してくれた人はない。 重大であるか否かはさておき、さらに一歩さかのぼつて音楽は映画にとつて必要であるか否かということさえまだ研究...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 「ファン」について
    著者: 伊丹万作
    出版社: ConTenDo
    概要:  私は今日までファンについてあまり考えたことがない。 なぜならば第一私はファンという言葉が好きになれないのだ。  ファンという言葉が私の頭の中に刻みつけている印象は、私にとつてあまり幸福なものではない。  私は本当のファンがどういうものかを知らない。 ただ私が自分の目で見てきた...
    価格: 税込 0

コンテンツフィルタ

"購入可能なコンテンツ"はご利用端末で購入いただけるコンテンツのみを表示します。

設定をリセット

電子書籍サイト[ConTenDo|コンテン堂]はコンテンツの交差点となるプレイスを目指して様々な良いコンテンツを展開します。
電子書籍にとどまらず映像、画像なども取り扱います。話題のEPUBおよびPDF形式を揃えています。

レコードやCDを『ジャケ買い』ってしませんでしたか?
ジャケットがグッドデザインだと買ってしまったりする購買行動のことです。
コンテン堂では、表紙が一番魅力的に見えるようにサイト・デザインされています。
電子書籍も『ジャケ買い』は素敵なコンテンツとの出会い方法としてもオススメです。

意外と郊外や地下街ではネットが繋がらないことが多いのですが、コンテン堂の電子書籍コンテンツはオフラインでも読書できます。

電子書籍を探すときはタイトルや著者名がわからないと結構探しにくいものです。コンテン堂は『ワードサーフィン』というまったく新しい本探しメソッドを提案しています。思ってもいなかった『本との出会い』をお楽しみ下さい。