いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > 著作者別 > 織田作之助
Twitter    Hatebu  Googleplus  Facebook 

織田作之助

検索結果51件中1件から45件までを表示
ページ:1  2次へ≫
  • タイトル: 起ち上る大阪 ――戦災余話
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  この話に「起ち上る大阪」という題をつけたが、果して当っているかどうか分らない。 或は「起ち上れ大阪」と呼び掛けるか、「大阪よ起ち上れ」と叫ぶ方が、目下の私の気持から言ってもふさわしいかも知れない。 しかし、この一ト月の間――というのはつまり、過ぐる三月の、日をいえば十三日の夜半、醜......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 婚期はずれ
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  友恵堂の最中が十個もはいっていた。 それが五百袋も配られたので、葬礼の道供養にしては近ごろよくも張り込んだものだと、随分近所の評判になった。 いよいよ配る段になると、聞き伝えて十町遠方からも貰いに来て、半時間経つと、一袋も残らず、葬礼人夫は目がまわった。 一町の間に八つも路地裏のある....
    価格: 税込 0
  • タイトル: ひとりすまう
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:   奇妙なことは、最初その女を見た時、ぼくは、ああこの女は身投げするに違いないと思い込んで了ったことなのだ、――と彼は語り出した。 彼が二十一歳の時の話という。  ――その女を見たのは、南紀白浜温泉の夜更けの海岸だった。 その頃京都高等学校の生徒であったぼくは肺患の療養のためそ....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 旅への誘い
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  喜美子は洋裁学院の教師に似合わず、年中ボロ服同然のもっさりした服を、平気で身につけていた。 自分でも吹きだしたいくらいブクブクと肥った彼女が、まるで袋のようなそんな不細工な服をかぶっているのを見て、洋裁学院の生徒たちは「達磨さん」と称んでいた。  しかし、喜美子はそんな綽名をべ......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 薬局
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 薬局 織田作之助  その男は毎日ヒロポンの十管入を一箱宛買いに来て、顔色が土のようだった。 十管入が品切れている時は三管入を三箱買うて行った。  敏子は釣銭を渡しながら、纒めて買えば毎日来る手間もはぶけるのにと思ったが、もともとヒロポンの様な劇薬性の昂奮剤を注射する男なぞ......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 面会
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 面会 織田作之助  ある朝、一通の軍事郵便が届けられた。 差出人はSという私の旧友からで、その手紙を見て、はじめて私はSが応召していることを知ったのである。 Sと私は五年間音信不通で、Sがどこにどうしているやら消息すらわからなかったのである。 つまりその軍事郵便は五年振りに見る....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 民主主義
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 民主主義 織田作之助  彼は人気者になら誰とでも会いたがった。 しかし、人気者は誰も彼に会おうとしなかった。 いうまでもなく彼は一介の無名の市井人だった。  野坂参三なら既にして人気者であり、民主主義の本尊だから、誰とでも会うだろう。 彼はわざわざ上京して共産党の本部を訪問...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 報酬
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 報酬 織田作之助  家には一銭の金もなく、母親は肺病だった。 娘の葉子は何日も飯を食わず、水の引くようにみるみる痩せて、歩く元気もなかったが、母親と相談して夜の町へ十七歳の若さを売りに行くことにした。 母親も昔そんな経験があったのだ。  夜、葉子は町角でおずおずと袖を引いた....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 電報
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 電報 織田作之助  私は気の早い男であるから、昭和二十年元旦の夢をはや先日見た。 田舎道を乗合馬車が行くのを一台の自動車が追い駈けて行く、と前方の瀬戸内海に太陽が昇りはじめる、馬車の乗客が「おい、見ろ、昭和二十年の太陽だ」という――ただそれだけの何の変哲もない他愛もない夢で... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 星の劇場
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 星の劇場 織田作之助 「歩哨に立って大陸の夜空を仰いでいるとゆくりなくも四ッ橋のプラネタリュウムを想いだした……」と戦地の友人から便りがあったので、周章てて四ッ橋畔の電気科学館へ行き六階の劇場ではじめてプラネタリュウムを見た。  感激した。 陶酔した。 実に良かった、という....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 十八歳の花嫁
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 十八歳の花嫁 織田作之助  最近私の友人がたまたま休暇を得て戦地から帰って来た。 ○日ののちには直ぐまた戦地へ戻らねばならぬ慌しい帰休であった。  久し振りのわが家へ帰ったとたんに、実は藪から棒の話だがと、ある仲人から見合いの話が持ち込まれた。 彼の両親ははじめ躊躇した。 ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 実感
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 実感 織田作之助  文子は十七の歳から温泉小町といわれたが、 「日本の男はみんな嘘つきで無節操だ。 ……」  だからお前の亭主には出来ん――という父親の言落を素直にきいているうちにいつか二十九歳の老嬢になり秋は人一倍寂しかった。  父親は偏窟の一言居士で家業の宿屋より......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 妻の名
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  朝から粉雪が舞いはじめて、ひる過ぎからシトシトと牡丹雪だった。 夕方礼吉は雪をふんで見合に出掛けた。 雪の印象があまり強すぎたせいか、肝賢の相手の娘さんの印象がまるで漠然として掴めなかった。 翌朝眼がさめると、もうその娘さんの顔が想い出せなかった。 が想い出せない所を見ると、満更わる...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 好奇心
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  殺された娘、美人、すくなくとも新聞の上では。 それが宮枝には心外だ。 宮枝はその娘を知っている。 醜い娘、おかめという綽名だ。  あたしの方がきれいだ。 あたしの方が口が小さい。 おかめなんていわれたことはない。 宮枝の綽名はお化け。 あんまり酷だから、聴える所では誰も言...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 経験派
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  彼は小説家だった。 下手な小説家だった。 その証拠に実感を尊重しすぎた。  彼は掏摸の小説を構想した。 が、どうも不安なので、掏摸の顔を見たさに、町へ出た。  ところが、一人も掏摸らしい男に出会わなかった。 すごすご帰りの電車に乗って、ふと気がつくと、財布がない。 掏ら...
    価格: 税込 0
  • タイトル: ヒント
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: ヒント 織田作之助  彼は十円持って喫茶店へ行き、一杯十円の珈琲を飲むと、背を焼かれるような後悔に責められた。  隣のテーブルでは、十二三の少年が七つ位の弟と五つ位の妹を連れて、メニューにあるだけのものを全部注文していた。 そして、二百円払って出ようとするのを、彼はあわて......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 秋深き
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  医者に診せると、やはり肺がわるいと言った。 転地した方がよかろうということだった。 温泉へ行くことにした。  汽車の時間を勘ちがいしたらしく、真夜なかに着いた。 駅に降り立つと、くろぐろとした山の肌が突然眼の前に迫った。 夜更けの音がそのあたりにうずくまっているようだった。 ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 夜光虫
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  裸の娘  その日、朝から降り出した雨は町に灯りがつく頃ふとやみそうだったが、夜になると急にまた土砂降りになった。  その雨の中で、この不思議な夜の事件が起ったのである。  不思議といえばよいのか、風変りといえばよいのか、それとも何と形容すればよいのだろうか。 ... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 雪の夜
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  大晦日に雪が降った。 朝から降り出して、大阪から船の著く頃にはしとしと牡丹雪だった。 夜になってもやまなかった。  毎年多くて二度、それも寒にはいってから降るのが普通なのだ。 いったいが温い土地である。 こんなことは珍しいと、温泉宿の女中は客に語った。 往来のはげしい流川通で...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 天衣無縫
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  みんなは私が鼻の上に汗をためて、息を弾ませて、小鳥みたいにちょんちょんとして、つまりいそいそとして、見合いに出掛けたといって嗤ったけれど、そんなことはない。 いそいそなんぞ私はしやしなかった。 といって、そんな時私たちの年頃の娘がわざとらしく口にする「いやでいやでたまらなかった」―......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 大阪の憂鬱
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 一  またしても大阪の話である。 が、大阪の話は書きにくい。 大阪の最近のことで書きたいような愉快な話は殆んどない。 よしんばあっても、さし障りがあって書けない。 「音に聴く大阪の闇市風景」などという注文に応じてはみたものの、いそいそと筆を取る気になれないのである。  ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 私の文学
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 私の文学 織田作之助  私の文学――編集者のつけた題である。  この種の文章は往々にして、いやみな自己弁護になるか、卑屈な謙遜になるか、傲慢な自己主張になりやすい。 さりげなく自己の文学を語ることはむずかしいのだ。  しかし、文学というものは、要するに自己弁護であり、自....
    価格: 税込 0
  • タイトル: わが文学修業
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  本当に小説の勉強をはじめたのは、二十六の時である。 それまでは専ら劇を勉強していた。 小説は殆んど見向きもしなかったようである。 ドストイエフスキイやジイドや梶井基次郎などを読んだほかには、月月の文芸雑誌にどんな小説が発表されているかも良く知らなかった。 その代り、戯曲は実によく読ん...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 僕の読書法
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 僕の読書法 織田作之助  僕は視力が健全である。 これはありがたいものに思っている。 むしろ己惚れている。  己惚れの種類も思えば数限りないものである。 人は己惚れが無くてはさびしくて生きておれまい。 よしんばそれが耳かきですくう程のささやかな己惚れにせよ、人はそのかけら...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 猫と杓子について
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 「エロチシズムと文学」というテエマが僕に与えられた課題であります。 しかし、僕は「エロチシズムと文学」などというけちくさい取るに足らぬ問題について、口角泡を飛ばして喋るほど閑人でもなければ、物好きでもありません。 ほかにもっと考えなければならぬ文学の本質的問題が沢山ありますし、だいい......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 文学的饒舌
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 文学的饒舌 織田作之助  最近「世界文学」からたのまれて、ジュリアン・ソレル論を三十枚書いたが、いくら書いても結論が出て来ない。 スタンダールはジュリアンという人物を、明確に割り切っているのだが、しかし、ジュリアンというのはどんな人物かと問えば「赤と黒」一巻を示すよりほかに... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 土足のままの文学
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 土足のままの文学 織田作之助  僕は終戦後間もなくケストネルの「ファビアン」という小説を読んだ。 「ファビアン」は第一次大戦後の混乱と頽廃と無気力と不安の中に蠢いている独逸の一青年を横紙破りの新しいスタイルで描いたもので、戦後の日本の文学の一つの行き方を、僕はこの小説に見た... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 東京文壇に与う
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  豪放かつ不逞な棋風と、不死身にしてかつあくまで不敵な面だましいを日頃もっていた神田八段であったが、こんどの名人位挑戦試合では、折柄大患後の衰弱はげしく、紙のように蒼白な顔色で、薬瓶を携えて盤にのぞむといった状態では、すでに勝負も決したといってもよく、果して無惨な敗北を喫した。 試... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 武田麟太郎追悼
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  武田さんは大阪の出身という点で、私の先輩であるが、更に京都の第三高等学校出身という点でもまた私の先輩である。 しかも、武田さんは庶民作家として市井事物一点張りに書いて来た。 その点でも私は血縁を感じている。 してみれば、文壇でもっとも私に近しい人といえば、武田さんを措いて外にない。 ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 終戦前後
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 終戦前後 織田作之助  小は大道易者から大はイエスキリストに到るまで予言者の数はまことに多いが、稀代の予言狂乃至予言魔といえば、そうざらにいるわけではない。 まず日本でいえば大本教の出口王仁三郎などは、少数の予言狂、予言魔のうちの一人であろう。  まことにこの出口王仁三郎......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 吉岡芳兼様へ
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 吉岡芳兼様へ 織田作之助  御たより拝見しました。  拙作を随分細かく読んで下すって、これでは作者たるものうっかり作品が書けぬという気がしました。 もっとも、うっかり書いたというわけでもないのですが。  自作を語るのは好みませんが、一二お答えします。  まず「新潮」...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 妖婦
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  神田の司町は震災前は新銀町といった。  新銀町は大工、屋根職、左官、畳職など職人が多く、掘割の荷揚場のほかにすぐ鼻の先に青物市場があり、同じ下町でも日本橋や浅草と一風違い、いかにも神田らしい土地であった。  喧嘩早く、物見高く、町中見栄を張りたがり、裏店の破れ障子の中にくす......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 道なき道
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 一  その時、寿子はまだ九つの小娘であった。  父親が弾けというから、弾いてはいるものの、音楽とは何か、芸術とはどんなものであるか、そんなことは無論わかる道理もなく、考えてみたこともなかった。  また、石にかじりついても立派なヴァイオリン弾きになろうという野心も情熱もな......
    価格: 税込 0
  • タイトル: 勝負師
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  池の向うの森の暗さを一瞬ぱっと明るく覗かせて、終電車が行ってしまうと、池の面を伝って来る微風がにわかにひんやりとして肌寒い。 宵に脱ぎ捨てた浴衣をまた着て、机の前に坐り直した拍子に部屋のなかへ迷い込んで来た虫を、夏の虫かと思って団扇ではたくと、チリチリとあわれな鳴き声のまま息絶え... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 郷愁
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  夜の八時を過ぎると駅員が帰ってしまうので、改札口は真っ暗だ。  大阪行のプラットホームにぽつんと一つ裸電燈を残したほか、すっかり灯を消してしまっている。 いつもは点っている筈の向い側のホームの灯りも、なぜか消えていた。  駅には新吉のほかに誰もいなかった。  たった一つ点...
    価格: 税込 0
  • タイトル:
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要: 一  マルセル・パニョルの「マリウス」という芝居に、ピコアゾーという妙な名前の乞食が出て来るが、この人物はトガキによれば「この男年がない」ということになっている。 若いのか年寄りなのかわからぬからである。 「してみれば、私もまた一人のピコアゾーではあるまいか。 最... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル:
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  一  はじめのうち私は辻十吉のような男がなぜそんなに貧乏しなければならぬのか、不思議でならなかった。  人は皆彼のことを大阪人だと言っている。 大阪生れだという意味ではない。 金銭にかけると抜目がなくちゃっかりしていると、軽蔑しているのである。 辻という姓だから、... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 勧善懲悪
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  一  ざまあ見ろ。  可哀相に到頭落ちぶれてしまったね。 報いが来たんだよ。 良い気味だ。  この寒空に縮の単衣をそれも念入りに二枚も着込んで、……二円貸してくれ。 見れば、お前じゃないか。 ……声まで顫えて、なるほど一枚ではさぞ寒かろうと、おれも月並みに同情した....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 可能性の文学
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  坂田三吉が死んだ。 今年の七月、享年七十七歳であった。 大阪には異色ある人物は多いが、もはや坂田三吉のような風変りな人物は出ないであろう。 奇行、珍癖の横紙破りが多い将棋界でも、坂田は最後の人ではあるまいか。  坂田は無学文盲、棋譜も読めず、封じ手の字も書けず、師匠もなく、我流の...
    価格: 税込 0
  • タイトル:
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  今もそのアパートはあるだろうか、濡雑巾のようにごちゃごちゃした場末の一角に、それはまるで古綿を千切って捨てたも同然の薄汚れた姿を無気力に曝していた。 そのあたりは埋立地のせいか年中じめじめした湿気が去らなかった。 日の射さぬ中庭は乾いたためしはなかった。 鼠の死骸はいつまでもジクジク....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 四月馬鹿
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:   はしがき  武田さんのことを書く。  ――というこの書出しは、実は武田さんの真似である。  武田さんは外地より帰って間もなく「弥生さん」という題の小説を書いた。 その小説の書出しの一行を読んだ時私はどきんとした。 「弥生さんのことを書く」  という書出しであ.....
    価格: 税込 0
  • タイトル: 聴雨
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  午後から少し風が出て来た。 床の間の掛軸がコツンコツンと鳴る。 襟首が急に寒い。 雨戸を閉めに立つと、池の面がやや鳥肌立つて、冬の雨であつた。 火鉢に火をいれさせて、左の手をその上にかざし、右の方は懐手のまま、すこし反り身になつてゐると、 「火鉢にあたるやうな暢気な対局やおまへん。...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 六白金星
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  楢雄は生れつき頭が悪く、近眼で、何をさせても鈍臭い子供だつたが、ただ一つ蠅を獲るのが巧くて、心の寂しい時は蠅を獲つた。 蠅といふ奴は横と上は見えるが、正面は見えぬ故、真つ直ぐ手を持つて行けばいいのだと言ひながら、あつといふ間に掌の中へ一匹入れてしまふと、それで心が慰まるらしく、ま... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 木の都
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  大阪は木のない都だといはれてゐるが、しかし私の幼時の記憶は不思議に木と結びついてゐる。  それは生国魂神社の境内の、巳さんが棲んでゐるといはれて怖くて近寄れなかつた樟の老木であつたり、北向八幡の境内の蓮池に落つた時に濡れた着物を干した銀杏の木であつたり、中寺町のお寺の境内の蝉... ...
    価格: 税込 0
  • タイトル: 競馬
    著者: 織田作之助
    出版社: ConTenDo
    概要:  朝からどんより曇っていたが、雨にはならず、低い雲が陰気に垂れた競馬場を黒い秋風が黒く走っていた。 午後になると急に暗さが増して行った。 しぜん人も馬も重苦しい気持に沈んでしまいそうだったが、しかしふと通り魔が過ぎ去った跡のような虚しい慌しさにせき立てられるのは、こんな日は競走が荒れ......
    価格: 税込 0
ページ:1  2次へ≫

コンテンツフィルタ

"購入可能なコンテンツ"はご利用端末で購入いただけるコンテンツのみを表示します。

設定をリセット

電子書籍サイト[ConTenDo|コンテン堂]はコンテンツの交差点となるプレイスを目指して様々な良いコンテンツを展開します。
電子書籍にとどまらず映像、画像なども取り扱います。話題のEPUBおよびPDF形式を揃えています。

レコードやCDを『ジャケ買い』ってしませんでしたか?
ジャケットがグッドデザインだと買ってしまったりする購買行動のことです。
コンテン堂では、表紙が一番魅力的に見えるようにサイト・デザインされています。
電子書籍も『ジャケ買い』は素敵なコンテンツとの出会い方法としてもオススメです。

意外と郊外や地下街ではネットが繋がらないことが多いのですが、コンテン堂の電子書籍コンテンツはオフラインでも読書できます。

電子書籍を探すときはタイトルや著者名がわからないと結構探しにくいものです。コンテン堂は『ワードサーフィン』というまったく新しい本探しメソッドを提案しています。思ってもいなかった『本との出会い』をお楽しみ下さい。