いらっしゃいませ ゲスト様

一般社団法人金融財政事情研究会、株式会社きんざいの電子書籍

»TOP > ジャンル別 > 経済 > 経済 > 日米欧の住宅市場と住宅金融
日米欧の住宅市場と住宅金融

立ち読み

日米欧の住宅市場と住宅金融

著者:
独立行政法人 住宅金融支援機構 調査部
出版社:
金融財政事情研究会

概要:

日米欧の住宅金融市場を俯瞰し、これからの日本の住宅金融市場を明らかにする住宅金融のバイブル

◆日本の住宅金融市場について、公的から民間への動きといった歴史的な経緯を踏まえつつ、戦後の住宅政策の展開、バブル期の市場動向、高齢化時代のニーズ対応、東日本大震災後の需要構造変化、人口動態が住宅市場に与える影響等、各種論点を詳説。
◆アメリカの住宅金融市場について、住宅バブルの形成と崩壊、サブプライム・ローン問題に代表される金融危機の構図およびその後の政策対応に焦点を当てて解説。アメリカにおける証券化市場の発展とGSE(政府支援企業)の役割と今後の展開についても言及。
◆ドイツ、フランス、イギリスを中心にヨーロッパの住宅金融市場について解説。日米欧の住宅金融市場を横断的に比較検討し、住宅ローンの商品性と資金調達手段のマッチングについて俯瞰。各市場の特徴をとらえつつ世界経済全体の中での金融の安定性への影響について分析。
◆住宅ローン市場や制度について深く考察し、新たな住宅ローンのスキーム開発を検討する、金融の実務家や学識者等、必読の書。


目次:

第1章 日米欧の住宅市場・住宅金融市場の概観
1 はじめに
2 日米欧の住宅市場の動向
3 日米欧の住宅ローン市場の規模と資金調達構造
4 住宅ローンの商品性の比較
5 住宅ローンのビジネスモデル
6 住宅ローンのリスク
7 住宅バブルと住宅ローン
8 証券化対カバードボンド
9 世界の人口動態
第2章 日  本
1 はじめに
2 金利規制下における住宅ローン
3 金融の自由化およびバブルの発生と崩壊
4 住宅ローンの自由化と金融を取り巻く変化
5 日本の証券化市場
6 リーマン・ショック以降の住宅ローン市場
7 住宅ローンの今後の課題と展望
第3章 アメリカ
1 はじめに
2 アメリカの住宅市場
3 金融危機までの住宅金融市場
4 証券化市場
5 今後の住宅金融市場と証券化市場
第4章 ヨーロッパ
 I ドイツ
1 ドイツの最近の経済状況と住宅市場等の状況(2000年以降)
2 金融業界の概観
3 住宅ローンの商品性や特徴等について
4 住宅金融における政府の役割
 II フランス
1 フランスの最近の経済状況と住宅市場等の状況(2000年以降)
2 金融業界の概観
3 住宅ローンの商品性や特徴等について
4 住宅金融における政府の役割
 III イギリス
1 イギリスの最近の経済状況と住宅市場等の状況(2000年以降)
2 金融業界の概観
3 住宅ローンの商品性や特徴等について
4 住宅金融における政府の役割
 IV デンマーク
1 はじめに
2 デンマークの住宅金融機関
3 デンマークの住宅ローン
4 デンマークのカバードボンド
 V スペイン
1 スペインの住宅市場
2 スペインの金融機関
3 スペインへの資金流入と巻戻し

ジャンル:
経済 > 経済 経済 > 金融学 社会・政治 > ビジネス
販売開始:
2013/12/25
ファイルサイズ:
23.69MB
CODE:
J0010280BK0008672001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 1,750円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
日米欧の住宅市場と住宅金融
販売(無期限): 税込 1,750