いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ
»TOP > 金融財政事情研究会 > 続・支店長の本懐
続・支店長の本懐

立ち読み

続・支店長の本懐

著者:
一般社団法人金融財政事情研究会 編
出版社:
金融財政事情研究会

概要:


金融機関の現役支店長によるエッセイ&対談・鼎談集   
―『支店長の本懐』待望の第2弾、ついに完成!―   

◆好評を博した『支店長の本懐――実践的 金融機関支店経営の極意』(平成20年12月)の続編。リーマンショック以降の諸動向をふまえて、時事的なテーマや支店経営上の主要課題を網羅。   
◆大手行、地方銀行、第二地銀、信用金庫、信用組合、労働金庫の現役支店長が、営業推進、人材育成・人間関係、リーダーシップとプロ意識等について、豊かな経験に裏付けられた卓論を披露。著名人の至言も豊富に紹介。   
◆「心に残る支店長の名言11選」「支店経営15の鉄則」「結果管理よりプロセス管理」――支店経営で参考になるエッセイを多数収録。   
◆「地方再生」「ABL・動産評価」「アベノミクス」「ポスト円滑化法と新規融資」「NISA」などのホットトピックスや、「地域金融の刷新(合併・再編)」「協同組織金融機関のレーゾンデートル」など、地域金融機関注目のテーマにも言及。   
◆「あまちゃん」「半沢直樹」「ゆるキャラ」「B級グルメ」などの話題にも触れながら、支店経営上の課題と対応策をわかりやすく明示。   

前作『支店長の本懐』や金融パーソン必携の金融総合情報誌『週刊金融財政事情』と併読されることをお勧めします。   

仕事の合間や通勤時間、休日に気軽に読める1冊!   


目次:

第1章 企業経営者・金融機関職員にとって、いまどんな時代か?
1 いまの日本の企業を取り巻く環境
2 激化する金融機関間の競争
第2章 企業経営者と金融機関職員の間にあるギャップ
1 企業経営者と金融機関職員のコミュニケーション
2 企業経営者の実像を理解しよう
3 企業経営者の求める解決策・ヒントを提供する
第3章 法人新規開拓はなぜ行うのか?
1 金融機関職員よ、目線を高くもて!
2 法人新規開拓の必要性と戦略
3 支店長や上司にも知ってほしい新規開拓上の心構え
4 ビジネスマッチングは「発想力」
第4章 実践! 企業経営者とのコミュニケーション
1 企業経営者とのコミュニケーションにあたって
2 企業経営者との面談時のテクニック
第5章 金融機関職員は最高のコンサルタントになれる
1 「変化の時代」ゆえコンサルティング能力向上を
2 金融機関がもつべき「三つの機能」
3 金融機関も担当者も「強みと専門性」をもて!
4 法人営業の留意点
第6章 高度化する法人開拓営業
1 お客様を「深く知る」(顧客理解)
2 ソリューション営業と情報営業
3 支店長のリーダーシップ

ジャンル:
ビジネス > 自己啓発 ビジネス > ビジネス教養 経営 > 経営・経営学
販売開始:
2014/07/10
ファイルサイズ:
2.04MB
CODE:
J0010280BK0021397002
対応デバイス:
  購入 レンタル
価格(税込) 1,750円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
税込 1,750 買い物カゴへ

この商品のシリーズ

  • 支店長の本懐―実践的 金融機関支店経営の極意
    購入: 税込 540
    買い物カゴへ

この著作者による商品

  • 営業店のための医療・介護向け取引推進事典
    購入: 税込 7,193
    買い物カゴへ
続・支店長の本懐
販売(無期限): 税込 1,750