いらっしゃいませ ゲスト様

一般社団法人金融財政事情研究会、株式会社きんざいの電子書籍

»TOP > ジャンル別 > ビジネス > ビジネス教養 > リーガル・エクササイズ―裁判官から見た「法と社会」「事件と人」
リーガル・エクササイズ―裁判官から見た「法と社会」「事件と人」

立ち読み

リーガル・エクササイズ―裁判官から見た「法と社会」「事件と人」

著者:
加藤新太郎
出版社:
金融財政事情研究会

概要:


裁判官、弁護士の仕事は   
常にエクササイズ(修練)である!   

◆40年の裁判官生活を通じ、世間の実相、事件当事者の思い、弁護士の苦労を観察してきた著者による珠玉のリーガル・エッセイ   
◆ドラマさながらのエピソードに世界のロイヤー・ジョークや「調停いろはかるた」をトッピングした洒脱な語り口が、日本の法と裁判のあり方への思索に読み手をやさしく誘う   
◆法曹関係者はもとより、すべてのビジネス・パーソンが気楽に読める一冊  


目次:

ユニット1 「裁判官」のリーガル・エクササイズ   
裁判官になったのはなぜ/「窓口研さん」の効用/裁判官に求められる複眼的な思考/暴かれた狂言/人証あれこれ/当事者の嘘の見分け方/娘夫婦への生前贈与/一審判決と異なる控訴審での和解/子役出身の裁判官/ユーモアを一匙/思い出に残る「名の変更申立事件」   
ユニット2 「法律家」のリーガル・エクササイズ   
法律家に必要な資質/法律学をマスターする秘訣/法律家の初心と理想と流動化/深い知識と雑学/裁きの限界と法律家の役割/一枚上手をいくこと/詐話師の肖像/弁護士の果たすべき役割/正直であること/準備書面が出せないわけ/領収書と支払いの事実/証拠提出された「不倫の手紙」/後味のよい審理/司法書士の犯罪   
ユニット3 個別事件からみる法と社会   
社長の悩み、父親の逡巡/新居の地盤沈下と仲介業者の説明責任/不動産関係融資における金融機関の説明責任/大学入学を辞退すれば入学金・授業料は返還されるのか/「楽しいこともありました」/反対株主の株式買取請求における「公正な価格」算定の基準日/お墓と墓地をめぐる紛争/交錯する親の思い、子の思い/脱税をめぐる攻防/社会的広がりを持つ事件/債務免脱との戦い/裁判所構内で詐欺   
ユニット4 民事司法を考える   
利用者調査から民事訴訟の運営のあり方を考える/新民事訴訟法で法律実務家は健康になったか/弁論準備手続の緊張と緩和/残念な陳述書/書かれていない判決理由/裁判官の補充尋問が意味するもの/「調停いろはかるた」を知っていますか/「調停いろはかるた」を覚えましたか   
ユニット5 法文化の国際比較   
民事訴訟の利用は増えるか/ロイヤー・ジョークと米国社会の不満/米国の普通の裁判官/コーヒーをこぼしたら/母親代位物としての法/日韓交流レポート─「日韓民事訴訟法共同研究集会」に参加して/「評決」   
ユニット6 企業法務・コンプライアンス   
コンプライアンスのかけ声と現実(前編)/コンプライアンスのかけ声と現実(後編)/リーガル・リスクと交渉戦略・意思決定/株は勝手に買われてしまったのか/善き人のための民事裁判   
ユニット7 裁判官の日常   
挨拶はたいへんだ/学者と実務家/日本人は、なぜ水戸黄門が好きなのか   

ジャンル:
ビジネス > ビジネス教養 法律 > 法律 社会・政治 > オピニオン
販売開始:
2015/04/08
ファイルサイズ:
5.71MB
CODE:
J0010280BK0026408001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 1,740円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
\キャンペーン/秋のコンテン堂フェア 〜コンテン堂モールの電子書籍を購入決済するだけで『電子マネー2000円分』が当たります〜
リーガル・エクササイズ―裁判官から見た「法と社会」「事件と人」
販売(無期限): 税込 1,740