いらっしゃいませ ゲスト様

一般社団法人金融財政事情研究会、株式会社きんざいの電子書籍

»TOP > ジャンル別 > 経済 > 財政学 > 欧州中央銀行の金融政策
欧州中央銀行の金融政策

立ち読み

欧州中央銀行の金融政策

著者:
河村小百合
出版社:
金融財政事情研究会

概要:

財政事情の悪化、高齢化の進展、経済成長力の低下、デフレ懸念など「日本化」にさいなまれる欧州経済。
EU28カ国、ユーロ圏19カ国をどう束ねるのか?
◆1998年の設立から16年余。リーマン・ショック、欧州債務危機に対し、欧州中央銀行はいかに対応したか? 特に欧州債務危機の際、重債務国に痛みを伴う変革を迫りながら、ユーロ圏離脱が発生しなかった理由は何か?――欧州金融経済をめぐる基本的疑問に的確に回答。
◆大規模な資産購入など非伝統的な金融政策に走る米英日の中央銀行とは一線を画す政策運営。欧州中央銀行が採用したオペレーション・政策プログラムを徹底分析!
◆EU・ユーロ参加国の多様性を背景に、国民・市場との対話や政策運営の透明性確保を充実させる欧州中央銀行。さまざまな公式文書を読み解き、同行の政策スタンスと中央銀行のあり方を検証。
☆『イングランド銀行の金融政策』『アメリカ連邦準備制度(FRS)の金融政策』に続く「世界の中央銀行」シリーズ第3弾。金融論のサブテキスト、ビジネスパーソンの教養書として!   


目次:

第I部 欧州中央銀行の歴史と金融政策運営――「危機」前はいかなる状況にあったのか
第1章 歴史と欧州共同体における位置づけ
1 欧州経済・通貨統合の経緯
2 欧州中央銀行の欧州共同体における位置づけ
第2章 欧州中央銀行の組織
1 欧州中央銀行制度とユーロシステムの構造
2 欧州中央銀行制度およびユーロシステムにおける意思決定機関
3 欧州中央銀行における意思決定の実際
第3章 金融政策運営の目標
1 欧州中央銀行の金融政策運営の基本的な目標――物価の安定
2 欧州中央銀行の金融政策運営戦略
3 「最後の貸し手」機能の考え方
第4章 金融政策運営の実際
1 金融政策オペレーションの枠組み
2 金融調節のメカニズムと手段
第II部 「危機」と欧州中央銀行――欧州債務危機にいかに対処し、いかなる金融政策運営を講じているのか
第5章 世界的な金融危機・欧州債務危機と欧州中央銀行
1 危機の流れと主要な出来事――概観
2 第1フェーズ:グローバルな金融危機――2007年8月のサブプライム危機および2008年9月のリーマン・ショック以降
3 第2フェーズ:ギリシャ危機――2010年5月、ユーロ圏のソブリン債務危機の発生
4 第3フェーズ:ソブリン債務危機と銀行危機が「負の両輪」に――2011年半ば以降、ユーロ圏のソブリン債務危機と銀行セクターのゆがみが相まっての再度の緊迫化
5 第4フェーズ:ギリシャの二度にわたるデフォルトとユーロ離脱の危機
第6章 非標準的手段による金融政策運営の内容
1 収束に向かった欧州債務危機――2013年入り後の状況
2 新たな課題:経済の低インフレ化への対応
3 欧州中央銀行が打ち出した、新たな「非標準的手段」による金融政策運営
4 欧州中央銀行による非標準的手段による政策運営の考え方――他の主要中銀との比較 

ジャンル:
経済 > 財政学 経済 > 金融学 経済 > 国際経済
販売開始:
2015/05/15
ファイルサイズ:
22.62MB
CODE:
J0010280BK0027049001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 2,722円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
欧州中央銀行の金融政策
販売(無期限): 税込 2,722