いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ

一般社団法人金融財政事情研究会、株式会社きんざいの電子書籍

»TOP > ジャンル別 > 経済 > 金融学 > 保険ERM経営の理論と実践
保険ERM経営の理論と実践

立ち読み

保険ERM経営の理論と実践

著者:
公益財団法人損害保険事業総合研究所 ERM経営研究会
出版社:
金融財政事情研究会

概要:

主要損保の取組みと先端的研究が明らかにするERM経営の具体的メリットと定着・高度化の方向性
リスク管理を強化し、リスク量を抑制するだけが経営ではない。
いま金融機関が求められているのは、「各社の経営理念・ミッションなどを前提として、とるべきリスクと許容しうる損失を定め、健全性を確保しつつ収益性の維持向上を図り、企業価値の継続的な拡大を目指す経営」=Enterprise Risk Management=ERM経営
・国際的保険監督・規制と金融庁のERMヒアリング
・欧州保険会社の先端的経営モデル
・わが国3メガ損保グループの取組状況
・ERMの理論的背景とコーポレートファイナンスにおける位置づけ
上記を解説しながら、「日本の保険会社」が目指すERM経営の方向性を探る。保険会社の経営陣から管理職、若手社員に加えて、代理店、投資家、保険契約者を含む保険会社の全ステークホルダーがERM経営に対する理解(ERMカルチャー)を共有していくときに、最初に読むべき一冊。


目次:

第1章 新しい時代の保険会社経営を目指して
1 ERM「経営」とは/2 日本の損害保険会社の置かれている状況/3 ERM経営を目指すべき理由/4 ERM経営研究への産学連携の取組み
第2章 近年のわが国保険会社ERMをめぐる動向
1 ERMの概要/2 近年の保険会社の取組み/3 保険行政や格付会社などの動向
第3章 わが国主要損保グループのERM取組状況
第1節 損保ジャパン日本興亜グループ
1 グループの概要/2 グループにおけるERM態勢の概要/3 ERMのガバナンス/4 資本十分性の評価とモニタリング/5 資本の有効活用・収益性の向上/6 自然災害リスクへの対応/7 内部モデルの活用と検証/8 ERM経営の課題
第2節 東京海上グループ
1 グループの概要/2 グループにおけるERM態勢の概要/3 ERMのガバナンス/4 資本十分性の評価とモニタリング/5 資本の有効活用・収益性の向上/6 自然災害リスクへの対応/7 内部モデルの活用と検証/8 ERM経営の課題
第3節 MS&ADインシュアランスグループ
1 グループの概要/2 グループにおけるERM態勢の概要/3 ERMのガバナンス/4 資本十分性の評価とモニタリング/5 資本の有効活用・収益性の向上/6 自然災害リスクへの対応/7 内部モデルの活用と検証/8 ERM経営の課題
第4章 日本の保険会社のERM経営の方向性
1 ERM経営のフレームワークの概要/2 ERM経営のガバナンス/3 ERMの経営への活用I―資本の有効活用・収益性の向上/4 ERMの経営への活用II―破綻防止・リスク管理/5 ERMカルチャー/6 ERM経営の基盤整備/7 おわりに
第5章 リスク計測方法の概観
1 本章の目的とその背景/2 リスクとリスクファクター/3 リスクファクターの変動幅を所与とするリスク計測方法/4 確率論および数理統計学を基礎とするリスク計測/5 推測とリスク計測/6 まとめ
第6章 保険会社のERMに関する学術研究
1 コーポレートファイナンス論におけるERM研究/2 企業のリスクマネジメント/3 ERMに関する最近の研究/4 残された課題と今後の方向性/補論 企業のリスクマネジメントの理論   

ジャンル:
経済 > 金融学 経営 > 経営・経営学 経営 > 経営管理
販売開始:
2015/05/15
ファイルサイズ:
14.44MB
CODE:
J0010280BK0027051001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 2,333円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
保険ERM経営の理論と実践
販売(無期限): 税込 2,333