いらっしゃいませ ゲスト様

一般社団法人金融財政事情研究会、株式会社きんざいの電子書籍

»TOP > ジャンル別 > 経済 > 経済 > 決済から金融を考える
決済から金融を考える

立ち読み

決済から金融を考える

著者:
木下信行
出版社:
金融財政事情研究会

概要:

◆銀行と金融市場の機能、情報通信技術等の現状を整理し、経済活動において決済が果たす機能面を出発点として金融システムの将来像にアプローチ、専門用語を避けて平易な言葉でわかりやすく解説。
◆経済活動のグローバル化、ICT利用のユビキタス化が進展するなか、銀行とその主要顧客である企業の競争力を確保するためには決済サービスの高度化は不可欠。企業をはじめとする利用者の潜在ニーズを掘り起こし、企業取引に対応した決済サービスの高度化を実現するためのヒントを提示。
◆決済システムの企画立案に携わってきた筆者による、決済の魅力を知るための最適書。金融機関、金融ITベンダーの職員や金融を研究する学者等必読。


目次:

第1章 決済の役割
1 取引と決済
2 決済と時間
3 決済と銀行
4 経済社会と決済システム
第2章 情報通信技術と決済システム
1 決済と情報セキュリティ
2 情報セキュリティに関する社会的枠組み
3 情報通信技術と決済サービス
第3章 預金による決済システム
1 ネットワークと決済システム
2 政府の寄与
3 決済手段の価値の表示
4 預金の価値
第4章 銀行システムの機能
1 市中銀行の機能
2 中央銀行の機能
3 決済リスク
4 政府の役割
第5章 金融市場の機能
1 金融商品と金融市場
2 証券市場と証券決済システム
第6章 わが国銀行による決済システムの当面の課題
1 決済サービスに対する企業のニーズの変化
2 企業取引に対応した決済サービスの高度化
3 わが国銀行による決済システムの当面の課題
4 決済サービスの改革に向けた取組み
第7章 決済システムの将来
1 預金による決済システムの競争環境
2 決済システムと政府
3 暗号通貨の挑戦
4 暗号通貨の価値

ジャンル:
経済 > 経済 経済 > 財政学 経済 > 金融学
販売開始:
2015/06/29
ファイルサイズ:
4.18MB
CODE:
J0010280BK0029309001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 1,556円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
決済から金融を考える
販売(無期限): 税込 1,556