いらっしゃいませ ゲスト様

一般社団法人金融財政事情研究会、株式会社きんざいの電子書籍

»TOP > ジャンル別 > 法律 > 法律 > 民事執行の実務【第3版】債権執行編 上巻
民事執行の実務【第3版】債権執行編 上巻

民事執行の実務【第3版】債権執行編 上巻

著者:
東京地方裁判所民事執行センター実務研究会
出版社:
金融財政事情研究会

概要:

民事執行のバイブル5年ぶりに全面改訂!!■東京地方裁判所民事執行センターの裁判官と書記官が、長年の実務の蓄積と経験をもとに総力を結集したロングセラー、執行実務の定本を最新情報に基づきリニューアル。■債権執行編では債権執行の申立てから配当まで、実務上の論点を東京地裁執行センターにおける実際の運用や取扱いをQ&Aで詳解。■裁判官、書記官、執行官、弁護士、司法書士、金融機関、サービサー、不動産会社等待望の最新刊!


目次:

第1章 総論(Q1~Q8)第2章 申立てと発令第1節 強制執行(Q9~Q22)第2節 担保権実行(Q23~Q30)第3節 その他(Q31)第3章 第三債務者に対する陳述催告(Q32)第4章 本執行移行(Q33)第5章 他の手続との競合(Q34~Q37)第6章 範囲変更(Q38)

ジャンル:
法律 > 法律 法律 > 民法 法律 > 他法律
販売開始:
2016/01/20
ファイルサイズ:
40.89MB
CODE:
J0010280BK0041664003
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 3,888円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この商品のシリーズ


民事執行手続を詳細に解説した実務書。


債権執行の実務のノウハウをQ&A形式でわかりやすくかつ詳細に解説している。

債権執行とは、債権者が、債務者の勤務する会社を第三債務者として給料を差し押さえたり、
債務者の預金のある銀行を第三債務者として銀行預金を差し押さえ、
それを直接取り立てること等により、債権の回収を図る手続である。

法曹実務家が、債権執行を行うにあたりまず頭を悩ませるのは、いわゆる初動部分である。
債務者と債権を特定し、正確な手続を経て法的な問題を提起されずにスムースに債権回収を行わなければならない。

本書は、債権執行編の上巻として、
第1章総論では、債権執行手続の全体を鳥瞰し、
第2章では、裁判所への申立て方法と裁判所の発令手続について、申立ての際に必要な書式やその記載例を豊富に掲載している。
第3章では、第三債務者に対する陳述催告を、
第4章では、本執行移行手続について、
第5章では他の手続との競合、
そして第6章では範囲変更手続について、
上巻では、本執行に至るまでの初動部分の手続について詳細に解説している。

裁判官、書記官、執行官、弁護士、司法書士、金融機関、サービサー(債権回収会社)、不動産会社等必携の書である。


民事執行の実務【第3版】債権執行編 上巻
販売(無期限): 税込 3,888