いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ

一般社団法人金融財政事情研究会、株式会社きんざいの電子書籍

»TOP > 金融財政事情研究会 > 地域金融のあしたの探り方―人口減少下での地方創生と地域金融システムのリ・デザインに向けて
地域金融のあしたの探り方―人口減少下での地方創生と地域金融システムのリ・デザインに向けて

地域金融のあしたの探り方―人口減少下での地方創生と地域金融システムのリ・デザインに向けて

著者:
大庫直樹
出版社:
金融財政事情研究会

概要:

バンカーよ、金融庁の声を待つな!
市場の真理を見抜き、自ら動け!
不都合な真実=生き残りを賭けた変革への出発点
『週刊金融財政事情』連載で話題の論文、大幅加筆・再構成を施し待望の単行本化!
豊富な図表が教えてくれる市場分析の心得と目のつけどころ


目次:

第I部 あしたの地域金融市場の見立て方
第1章 人口減少は預貸ギャップを拡大し地方市場を蝕む
第2章 社会移動の奔流は急速な市町村格差を促す
第II部 あしたの地域金融機関のつくり方
第3章 地域銀行の最終解は合併か独自モデルかの二者択一
第4章 信用金庫は個別の多様化とシステムとしての見直し
第III部 あしたの地域経済の育み方
第5章 視点を変えた枠組み─ILO産業分類と7つの基本軸
第6章 アウトバウンドとインバウンドへ資源を振り向けろ─総合戦略策定検証
第7章 地方創生に向けた自治体と地域金融機関への宿題
補遺 本書を読むための手引き

ジャンル:
経済 > 日本経済 経済 > 金融学 経済 > 経済
販売開始:
2016/03/09
ファイルサイズ:
17.35MB
CODE:
J0010280BK0046493001
対応デバイス:
  購入 レンタル
価格(税込) 2,722円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
地域金融のあしたの探り方―人口減少下での地方創生と地域金融システムのリ・デザインに向けて
販売(無期限): 税込 2,722