いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ

自動車専門の電子書店です

»TOP > ぽらりす > 自動車産業亡国論  ~トヨタ・日産の「正義」は日本の罪
自動車産業亡国論  ~トヨタ・日産の「正義」は日本の罪

立ち読み

自動車産業亡国論  ~トヨタ・日産の「正義」は日本の罪

著者:
梶原一明 徳大寺有恒
出版社:
ぽらりす

概要:

いま、日本の自動車と自動車産業は、経済的にも文化的にも深刻な問題を抱えている。
これを軟着陸させるにはどうすればいいのか?
経営評論の第一人者と自動車評論のナンバーワンが提言する「成長」から「成熟」への道。


目次:

1章 だから日本車は嫌われる-自動車産業が繁栄を続けるための絶対条件
2章 自動車産業の怖さ-クルマの冷蔵庫化は何をもたらすか
3章 間違いだらけのトヨタの「正義」-資本主義の理想郷が批判される理由
4章 苦悩する自動車会社-まとまらない日産、F1撤退を迫られるホンダ
5章 危うい自動車会社-マツダ、三菱自工、富士重工、ダイハツ、スズキの弱点

ジャンル:
経済 > 産業・交通 ビジネス > 仕事の技術 経営 > マーケティング 経営 > 企業・組織論 趣味 > 車・バイク
販売開始:
2015/12/20
ファイルサイズ:
1.11MB
CODE:
J0010123BK0024596001
対応デバイス:
  購入 レンタル
価格(税込) 540円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -

この著作者による商品

自動車産業亡国論  ~トヨタ・日産の「正義」は日本の罪
販売(無期限): 税込 540