いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ

辰已法律研究所の電子書籍専門店です。

»TOP > ジャンル別 > 法律 > 司法・訴訟法 > 西口竜司の論文の書き方革命本 刑訴 伝聞法則攻略編[改訂版]
西口竜司の論文の書き方革命本 刑訴 伝聞法則攻略編[改訂版]

立ち読み

西口竜司の論文の書き方革命本 刑訴 伝聞法則攻略編[改訂版]

著者:
西口竜司
出版社:
辰已法律研究所

概要:

大人気、西口竜司講師の「革命本」シリーズ「伝聞」編の改訂版が登場です。
司法試験に頻出の超重要分野である、刑事訴訟法の「伝聞法則」ですが、同時に多くの受験生が苦手とする箇所でもあります。
本書では、西口竜司先生が難しい内容を簡潔明快に解説しています。単に講義を収録しただけではなく随所に問題も掲載していますので、実際に答案を書き、悩み理解しながら学習を進めるという、インプット・アウトプットを上手く組み合わせた構成となっています。
改訂版では、初版の内容を全面的に見直した上で、本試験過去問(平成25年・同27年)の解説も追加して掲載しています。
この本が、司法試験の受験指導に革命を起こす!!


目次:

目 次
 
○序章
1 はじめに
2 講座の趣旨
3 前提として押さえておきたいポイント:伝聞法則の思考方法(レベル思考)
 
○第1章 刑事訴訟法の条文から
1 伝聞証拠の意義
(1)反対尋問の意義
(2)実質説
(3)形式説
(4)問題になる場面
(5)合格者から学ぶ
2 伝聞法則の趣旨の確認
3 事案処理における3つの注意点
 
○第2章 伝聞法則の思考方法
 
1 レベル1:検討範囲の絞り込み
(1)具体例から考える
(2)最決平17年9月27日 百選86の取り扱い
2 レベル2:要証事実の確定
(1)立証趣旨と要証事実
(2)証拠構造
(3)要証事実
(4)要証事実の確定
(5)供述の存在自体が要証事実の場合
(6)図解分析
(7)要証事実の確定のまとめ
3 レベル3:伝聞判断
(1)非伝聞の意義
(2)類型ごとの検討
(3)現場指示と現場供述
(4)機械的顕出過程
(5)まとめ
4 レベル4:伝聞例外
(1)総論
(2)条文の構造
(3)条文の選択
(4)個別の条文
(5)再伝聞の扱い
(6)例外要件へのあてはめ
(7)特信情況のあてはめ
(8)自己矛盾供述における相反性の程度
(9)供述書と供述録取書の違い
(10)弾劾証拠の扱い
5 実践編
 司平成21年刑事系第2問
〔解 説〕
LEVEL1 検討範囲の絞り込み
LEVEL2 伝聞過程の抽出・要証事実の確定
LEVEL3 伝聞判断
LEVEL4 例外要件該当性
 
○第3章 演習編
旧司=旧司法試験,司=司法試験
1 総論
2 第1問 旧司平成22年第2問
被告人作成の犯行メモと伝聞証拠
 
3 第2問 旧司平成20年第2問
弾劾証拠
 
4 第3問 旧司平成18年第2問
実況見分調書――供述部分と伝聞証拠
 
5 第4問 旧司平成17年第2問
供述を内容とするビデオの証拠能力
 
6 第5問 旧司平成16年第2問
共犯者の自白調書の扱い
 
7 第6問 司平成22年第2問
録音と伝聞証拠
 
8 第7問 司平成23年第2問
他者の供述を内容とする書面の証拠能力
 
9 第8問 司平成25年第2問
実況見分調書――写真部分と伝聞証拠
 
10 第9問 司平成27年第2問
共犯者作成の犯行メモと伝聞証拠
 
○第4章 総合戦略編
 
1 時間配分の技術
(1)目標得点率を定める
 
 
●判例索引

ジャンル:
法律 > 司法・訴訟法 法律 > 司法資格 就職・資格 > 資格
販売開始:
2016/12/30
ファイルサイズ:
7.38MB
CODE:
J0010350BK0026022004
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 1,836円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -

この商品のシリーズ

この著作者による商品

西口竜司の論文の書き方革命本 刑訴 伝聞法則攻略編[改訂版]
販売(無期限): 税込 1,836