いらっしゃいませ ゲスト様
»TOP > ジャンル別 > 人文・思想 > 宗教・仏教 > インド仏教と初期禅宗の坐禅と覚り ブッダから恵能まで
インド仏教と初期禅宗の坐禅と覚り ブッダから恵能まで

立ち読み

インド仏教と初期禅宗の坐禅と覚り ブッダから恵能まで

著者:
松岡由香子
出版社:
学術研究出版

概要:

ゴータマ・ブッダの説いた教え、その生きかたとは何であったのか、それがどうしてテーラヴァーダ仏教のような煩瑣な教学と修行になったのか。また禅宗といわれるあり方は何であったのか。
これらは、道元の教えと沢木興道老師の実践によって、仏道に触れたキリスト者の著者にとって、ぜひとも明らかにすべき問いであった。その考察を集大成したのが本書である。


ジャンル:
人文・思想 > 宗教・仏教
販売開始:
2021/02/15
ページ数
456ページ
ファイルサイズ:
4.10MB
CODE:
J0010380BK0108870001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 2,200円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

この著作者による商品

インド仏教と初期禅宗の坐禅と覚り ブッダから恵能まで
販売(無期限): 税込 2,200