いらっしゃいませ ゲスト様
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ
»TOP > IT資産価値研究部会 > IT資産の価値と評価 -IT資産がもたらす多面的価値の検討と評価手法の提案-
IT資産の価値と評価 -IT資産がもたらす多面的価値の検討と評価手法の提案-

立ち読み

IT資産の価値と評価 -IT資産がもたらす多面的価値の検討と評価手法の提案-

著者:
IT資産価値研究部会(経営情報学会)
出版社:
IT資産価値研究部会

概要:

近年、企業において、戦略の推進や事業の運営のためにITはなくてはならない経営資源となっている。しかし、IT資産は、財務諸表上の資産や費用として表されるだけで、IT資産が持つ本来の「価値」を示しているとは言い難い。
本書の目的は、旧来の経済的・財務的なIT資産の評価手法にとどまらない、IT資産とその評価方法を様々な角度から体系化し、実践でも活用できるフレームワークを提示することにある。その際、様々なステークホルダの関心、IFRS、管理会計、顧客経験価値、UX、データ、ITアーキテクチャ、IT資産の廃棄・ライフサイクル等、これら多様な視点から「IT資産」と「価値」の捉え方を再定義し、評価方法の提示を行う。
 
本書は、一般社団法人経営情報学会にて活動するIT資産価値研究部会の報告書となります。研究部会のメンバーは研究者と実務家で構成され、各人のバックグラウンドをもとに評価方法の提示を行います。


目次:

IT資産マネジメントの誕生
第1章 IT資産価値評価 取り組みの概要
第2章 IFRSの日本企業浸透は「IT投資マネジメント」高度化の引き金となるか?
第3章 IT投資と事業の収益構造アプローチ
第4章 顧客経験価値からみたIT資産価値評価
第5章 情報システム組織間移転可能性に見る IT資産価値評価方法の提案
第6章 UXメトリクスのIT資産価値評価に対する適用の検討
第7章 ITアーキテクチャの柔軟性の価値評価
第8章 データ視点のIT資産価値の検討
第9章 情報システムの改廃の時期をどのように捉えるか?
第10章 情報システムの運用保守ライフステージ評価
「IT資産価値研究部会」とは
著者紹介

ジャンル:
ビジネス > IT・Eビジネス
販売開始:
2016/10/26
ファイルサイズ:
3.49MB
CODE:
J0010401BK0056499001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 648円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
IT資産の価値と評価 -IT資産がもたらす多面的価値の検討と評価手法の提案-
販売(無期限): 税込 648