いらっしゃいませ ゲスト様
»TOP > 著作者別 > 山口博史
Twitter    Hatebu  Facebook 

山口博史

検索結果7件中1件から7件までを表示
  • タイトル: おれのサーキット7
    著者: 山口博史
    出版社: グループ・ゼロ
    概要: 二次予選を三位通過した翔太。しかしママは翔太のワークス入りに大反対。拓郎は翔太の前から去った。拓郎の手助けの無く なった翔太は、加奈の父親のチームに入り、ぶつかり稽古を重ねていく。そして全日本選手権開催。チータからライオンへと 進化する翔太。もう後ろからのアタックも、怖くなかった。タケルが翔太...
    価格: 税込 440
  • タイトル: おれのサーキット6
    著者: 山口博史
    出版社: グループ・ゼロ
    概要: 予選第2ヒート。カウルとバイザーまで外して軽量化を進め、レースに臨む翔太。直線でカウルにヘルメットを埋めて、空気 抵抗を小さくする作戦もあった。タイムを縮めることに成功した翔太は、2ヒートの2回目にタケルとマシンを取り替える。 タケルは翔太のマシンは、エンジンを替えないと二次予選は通れないと忠...
    価格: 税込 440
  • タイトル: おれのサーキット5
    著者: 山口博史
    出版社: グループ・ゼロ
    概要: フリーのトップクラスで、人の好い安永航二郎が「君はチータだ。先頭に立ってはいけない」と翔太にアドバイスする。 追うことには強いが、追われると弱いという意味だった。チータは果たしてライオンになれるのか? また両親がいないため、 新聞配達をしてポケバイを買った大門タケルとも出会う翔太。お小遣いが寂...
    価格: 税込 440
  • タイトル: おれのサーキット3
    著者: 山口博史
    出版社: グループ・ゼロ
    概要: レースで優勝したものの、翔太の両親は黙って帰ってしまった。自分のポケバイが欲しいと頼む翔太に、ママは買ってあげる ためには「門限など色々な約束を守り、テストでは90点以上を取ること」を条件にした。拓郎がイギリスに去る。その事で 翔太を恨んだ加奈は、翌日に算数のテストがある翔太を、二時間耐久レー...
    価格: 税込 440
  • タイトル: おれのサーキット4
    著者: 山口博史
    出版社: グループ・ゼロ
    概要: 体力を削ってタイムを縮める翔太。だが加奈は仮病を使って交代せず、ラストまで翔太が乗ることになった。 その後、翔太が加奈にレースに誘ってもらったことを感謝していること、優勝してお礼がしたいと言っていたことを知り、 後悔する加奈。レースは三位入賞。何とか門限までに翔太を帰そうと、加奈は交通違反覚悟...
    価格: 税込 440
  • タイトル: おれのサーキット2
    著者: 山口博史
    出版社: グループ・ゼロ
    概要: 初めてのレースは、トップの了と二位の翔太が失格で、加奈が優勝する。了は翔太に「お前はチータだ。オレはライオンだ!」 と告げた。その意味は?翔太はレンタルバイク屋で先輩の野口と知り合い、彼のサッカー部に入って、目と勘を鍛える。そして レンタルバイク・レースに出た。加奈も出場し、予選では同タイム。...
    価格: 税込 440
  • タイトル: おれのサーキット1
    著者: 山口博史
    出版社: グループ・ゼロ
    概要: いじめられっ子の小学生・風巻翔太。早く大人になって、バイクに乗り、いじめっ子をやっつけるのが夢だった。 ポケバイのレースを見て感激し、女の子の加奈がトップになったのにもビックリ。参加していた大人の沖田拓郎にポケバイを 貸してもらい、初めて乗ることに。そこで翔太の負けじ魂が燃え上がった。ハング・...
    価格: 税込 440

コンテンツフィルタ

"購入可能なコンテンツ"はご利用端末で購入いただけるコンテンツのみを表示します。

設定をリセット

電子書籍サイト[ConTenDo|コンテン堂]はコンテンツの交差点となるプレイスを目指して様々な良いコンテンツを展開します。
電子書籍にとどまらず映像、画像なども取り扱います。話題のEPUBおよびPDF形式を揃えています。

レコードやCDを『ジャケ買い』ってしませんでしたか?
ジャケットがグッドデザインだと買ってしまったりする購買行動のことです。
コンテン堂では、表紙が一番魅力的に見えるようにサイト・デザインされています。
電子書籍も『ジャケ買い』は素敵なコンテンツとの出会い方法としてもオススメです。

意外と郊外や地下街ではネットが繋がらないことが多いのですが、コンテン堂の電子書籍コンテンツはオフラインでも読書できます。

電子書籍を探すときはタイトルや著者名がわからないと結構探しにくいものです。コンテン堂は『ワードサーフィン』というまったく新しい本探しメソッドを提案しています。思ってもいなかった『本との出会い』をお楽しみ下さい。