いらっしゃいませ ゲスト様
»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 紀行 > 花ぶら日記 その7
花ぶら日記 その7

立ち読み

花ぶら日記 その7

著者:
山本研二
出版社:
学術研究出版

概要:

ギンリョウソウ、カタクリ、フクジュソウ、ヒメサユリ、ジンリョウユリ、オオマツヨイグサ、チャボホトトギス、フジアザミ、フクジュソウ、オグラセンノウ、トサジョウロウホトトギス、ダイサギソウなど十二種類の花を求めて、十二か所を訪れた探訪記です。
神社、川の土手、山の尾根、谷の源頭、湿地と筆者はあちこちに出かけていって花を探し、愛でる。
西日本中心ですが、関東など東日本の話も五話収録しています。
本文242頁、カラー写真全21点掲載。花ぶら日記シリーズの第7巻。

著者紹介:
山本研二(やまもと けんじ)
文筆家。1960年、兵庫県尼崎市生まれ。明治大で文学修士を取得。
専門学校の講師、翻訳者を経て週刊誌の世界に入る。
フリーライターとして『サンデー毎日』誌や『アミューズ』誌に自然関係の記事を寄稿。それがきっかけで、野の花の名所探訪をはじめる。
紙書籍に関東の野の花の自生地を訪ねた『東京発花露めぐり』(自由国民社)、電子書籍に主に西日本のマイナーな野の花の名所を訪ねた紀行シリーズ『花ぶら日記』、『花ぶら日記 その2』、『花ぶら日記 その3』、『花ぶら日記 その4』、『花ぶら日記 その5』、『花ぶら日記 その6』、本書『花ぶら日記 その7』(すべて学術研究出版)(アマゾンからPOD版あり)がある。その他の電子書籍に『ぶらぶら貧乏』、『たこ焼き日和』、『旅の空』、『独身各駅停車』(すべて自由国民社)などの紀行・随筆・小説がある。

ジャンル:
文芸 > 紀行
販売開始:
2021/11/17
ファイルサイズ:
6.32MB
CODE:
J0010380BK0106346007
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 961円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

この商品のシリーズ

花ぶら日記 その7
販売(無期限): 税込 961