いらっしゃいませ ゲスト様

デジタルで観る、読む、考える

»TOP > ジャンル別 > 医学 > ER/救急医学 > 改訂 ERの哲人 第2版 ―医学部では教えない救外の知恵
改訂 ERの哲人 第2版 ―医学部では教えない救外の知恵

立ち読み

改訂 ERの哲人 第2版 ―医学部では教えない救外の知恵

著者:
岩田充永 名古屋掖済会病院救急科
出版社:
シービーアール

概要:

「救急医療の現場で適切かつ迅速に救命処置を行うには、患者ケアの標準化が必要である」との初版編集者、山中克郎先生(現・諏訪中央病院)の思いから出版となった「ERの哲人」は、初版からすでに十年余を数えます。その間、更新が必要な情報(ガイドラインなど)、加えるべき新しい処置法・検査手法も数多くなり、このたび改訂することとなりました。
初版では、救急現場で必要となる「薬剤」に関するパートを収載していましたが、第2版ではこれらを省き、より診療に特化しました。コンパクトで、臨床現場に持ち歩ける手軽さを維持しつつも、より充実した内容となっています。もちろん、今回の改訂版にも、現在、名古屋掖済会病院救急科で臨床にあたっておられる方々の惜しみない現場の“経験”と“知恵”、“勘所”が余すところなく注がれています。


目次:

Part 1基本中の基本
1.救急室での診療録記入と初動
2.バイタルサインの読み方
3.救急室でのプレゼンテーション
4.心電図簡易チェックガイド
5.酸—塩基異常
6.救急外来輸液の基本知識

Part 2救急処置プロトコール
1.成人の一次救命処置
2.小児の一次救命処置
3.成人の二次救命処置
4.虚血性胸痛
5.徐脈
6.脈拍のある頻拍
7.脳血管障害
8.Japan Advanced Trauma Evaluation and Care(JATEC)<外傷初期診療ガイドライン>
9.災害医療

Part 3症状からのアプローチ
1.失神
2.せん妄
3.発熱
4.咽頭痛
5.頭痛
6.めまい
7.視力障害
8.胸痛
9.呼吸困難
10.咳
11.腹痛
12.吐血・下血
13.嘔気・嘔吐
14.下痢
15.便秘
16.腰痛
17.浮腫
18.発熱と発疹
19.鼻出血と聴力障害
20.四肢のしびれ
21.血尿
22.歩行障害
23.排尿障害

Part 4救急疾患の診断と初期治療
1.ショック
2.脳血管障害
3.一過性脳虚血発作
4.クモ膜下出血
5.意識障害
6.けいれん
7.急性冠症候群
8.急性心不全
9.大動脈解離
10.高血圧緊急症
11.急性呼吸不全
12.アナフィラキシー
13.気管支喘息
14.肺塞栓症
15.肺炎
16.敗血症
17.緊急対応が必要な感染症
18.消化管出血
19.急性腎障害
20.電解質異常
21.糖尿病性ケトアシドーシス,高浸透圧性高血糖昏睡
22.低血糖
23.頭部外傷
24.顔面外傷
25.頸部外傷
26.胸部外傷
27.腹部外傷
28.骨盤外傷
29.四肢外傷
30.見逃しやすい骨折
31.創傷処理・処置
32.熱傷
33.中毒
34.異物誤飲
35.体温異常
36.職務感染事故
37.虐待
38.小児救急
39.精神科救急
40.婦人科救急

Part 5P救急外来に必須の法律と文書作成
1.救急外来業務に必須の法律
2.死亡診断書および死体検案書の作成

索 引

ジャンル:
医学 > ER/救急医学
販売開始:
2018/08/22
ページ数
287ページ
ファイルサイズ:
8.44MB
CODE:
J0010424BK0075850001
対応デバイス:
WindowsPCMacWindowsPC (※Windows8は未対応)AndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 3,240円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
改訂 ERの哲人 第2版 ―医学部では教えない救外の知恵
販売(無期限): 税込 3,240