いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 日本文学/国文学 > 緑のふんすい
緑のふんすい

立ち読み

緑のふんすい

著者:
藤本美智子
出版社:
銀の鈴社

概要:

ジュニアポエムシリーズ 206
 
 
シリーズ206番目の詩集。本詩集では、絵も著者が描いている意欲作です。数ある詩の中でも、3章「短い詩」は、ある名詞や動詞などに対して1、2行の少ない言葉で表現しているが、どれも深く心に響く納得の詩ばかりです。


目次:

Ⅰ 緑のふんすい
・緑のふんすい ・ひかり感じたら ・ぴかぴかの はる ・ここですよ ・はるだもん ・ふしぎなパン ・春になったね ・春のグラス ・春になる
 
Ⅱ 雨のプリズム
・雨のプリズム ・太陽 ・鳥 ・花 ・一まいの葉っぱ ・朝つゆ ・朝は ・いそがなくちゃ ・はじめて ・あめ あめ 雨が ・すきなもの ・いち たす に ・いす ・いつまでも ・あかり ・冬のしずく ・冬の山 ・なりたいな
 
Ⅲ 短い詩
・あける ・根のこと ・むかでのたいそう ・もの ・梅 ・雨の日 ・朝の風 ・かげ ・杉の木 ・秋 ・ぽけっと ・あたまのなか ・バナナ ・ゆめ
 
Ⅳ 風さん
・声 ・風さんが来た ・ちゃんとわかっている ・雪の散歩 ・海を渡る ・おっきい ・ゆれるせなか
 
あとがき

ジャンル:
文芸 > 日本文学/国文学 文芸 > 詩・詩集 人文・思想 > 文芸
販売開始:
2013/05/24
ページ数
92ページ
ファイルサイズ:
6.17MB
CODE:
J0010148BK0005698001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 360円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

緑のふんすい
販売(無期限): 税込 360