いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 詩・詩集 > 流れ星
流れ星

立ち読み

流れ星

著者:
たかはしけいこ 織茂恭子
出版社:
銀の鈴社

概要:

ジュニアポエム 255
 
 
童女の〈貴会詩〉 森忠明
「詩はすべて機会詩でなくてはならない」とゲーテは言ったが、たかはしけいこの詩の多くは童女の〈貴会詩〉もしくは〈稀会詩〉である。
童女がさまざまの一会に瞳をこらし、それらを「貴」と独覚しないまま、ただ微笑みながら振りむいた至純の時―そしてそのことを半世紀後の童女・たかはしけいこが秘術的に再現してみせたこの詩集は、がんこな実証主義者や何もしない教養主義者などに、かれらが亡失した貴いものどもを暗示通報し、まだいささかの脈ある人々を感動させることだろう。
―序文より―
 
 
たかはし けいこ:
愛媛県生まれ。
著書に『おかあさんのにおい』『とうちゃん』『わたし』『そのあとひとは』(以上銀の鈴社)など。
東京都在住。
 
織茂恭子:
群馬県生まれ。
東京芸術大学油絵科卒業。
『ちさとじいたん』(現在は岩崎書店刊)で絵本にっぽん大賞受賞。『へんなかくれんぼ』(のら書店刊)で赤い鳥さしえ賞受賞。
主な仕事に『海からきたじいちゃん』『まるまるころころ』『さんさんさんかく』『かくかくしかく』(童心社刊)、『おかえし』『トイレとっきゅう』『まいごのまめのつる』『へんてこ美術館』(福音館書店刊)、『まよなかのかくれんぼ』(リーブル刊)、『きつねの窓』(ポプラ社刊)、『阪田寛夫全詩集』(理論社刊)。
東京都在住。


目次:

序文 森忠明
Ⅰ ちいさな こ
・赤んぼう ・気球 ・ちいさな こ ・かなしい目
Ⅱ 七夕の伝説を信じていたころ
・七夕の伝説を信じていたころ ・稲妻 ・秋 ・流れ星 ・白鳥
Ⅲ 虹
・小鳥 ・とり ・風 ・会津本郷 ・虹
Ⅳ 海を見よう
・歩く ・海を見よう ・波打ち際で ・すきま ・ツグミ
Ⅴ レイコちゃん
・子猫 ・尾長 ・転落 ・墓標 ・レイコちゃん ・若い母親
あとがき

ジャンル:
文芸 > 詩・詩集
販売開始:
2016/01/30
ページ数
88ページ
ファイルサイズ:
6.80MB
CODE:
J0010148BK0042815001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 540円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

流れ星
販売(無期限): 税込 540