いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 紀行 > 安岡襄の世界漫遊記シリーズ ヨーロッパ編
安岡襄の世界漫遊記シリーズ ヨーロッパ編

立ち読み

安岡襄の世界漫遊記シリーズ ヨーロッパ編

著者:
安岡襄
出版社:
五大陸企画―安岡

概要:

人生も終盤。友人小林一平と、そして妻と、歳をいとわず自分の足で巡った安岡襄のヨーロッパ旅紀行。 
 安岡襄はその友人、小林一平とのヨーロッパ旅行を初め、在職中から退職後の第二の人生を通じて60数カ国を旅し、その記録を旅行記として書き述べることにした。その理由はこれまで拝読した様々な旅行記の殆どが、世界各地を網羅したものでは無かったからである。
 旅行記としても決して十分なものではないが、その範囲と内容はアジア、ヨーロッパ、南北・中央・アメリカ、オーストラリアに及ぶ。
安岡はノン・キャリアーの公務員であったが、在職中ヨーロッパ共同体(当時のEC)に「ヨーロッパ共同体の農業とそれに対する会計検査の方法」というテーマでパリに滞在し、関係国として国際農友会の援助も得てフランスのみならずスイス、デンマークの農家及び農業施設を訪問した。さらにパリにあった共同体(EC)制度で設置された各種農業関係機関、及びフランスの県に当たる地方自治体、フランスの農協金融機関、各種の農業公社を訪問し、更にパリに有るフランス会計検査院、ルクセンブルグにあるヨーロッパ共同体会計検査院で検査方法を調査した。
 当時は仕事で使える語学はフランス語と英語だけであったが、その後独学でスペイン語、ドイツ語(主として読む方)韓国語、中国語(筆談)を学び、1980年代から2010年代にかけて、世界各地を旅した。
 本編は、まずヨーロッパ旅行のきっかけとなった小林一平との旅、そして年金時代に入ってからの妻との旅行記を書き述べている。旅先は主にフランス・イタリア・ギリシャ・オーストリア、アンドラ・スペインである。
旅行情報としては古いが、加速する高齢化社会において、一高齢者の” 旅ざま”として是非参考されたい。引き続きヨーロッパを主とした旅行記の続編を計画している。

ジャンル:
文芸 > 紀行 趣味 > 旅行 ライフスタイル > シニア総合
販売開始:
2013/09/09
ファイルサイズ:
4.69MB
CODE:
J0010245BK0007443001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 648円 108円
閲覧可能期間 無期限 14日間
ダウンロード可能期間 無期限 無期限
ダウンロード回数 制限なし 制限なし
Twitter    Hatebu  Googleplus 
安岡襄の世界漫遊記シリーズ ヨーロッパ編
販売(無期限): 税込 648 / レンタル(14日間): 税込 108