いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > ビジネス > ビジネス教養 > シェールガスの真実 革命か、線香花火か?
シェールガスの真実 革命か、線香花火か?

立ち読み

シェールガスの真実 革命か、線香花火か?

著者:
藤田和男 吉竹惇二
出版社:
エクスイズム

概要:

福島原発事故、最近ではウクライナ問題で、シェールガスが大きく注目されている。だが、シェール革命は本当に世界を変えるのだろうか。
米国のシェール井戸は増産に次ぐ増産で生産レートが急速に下がっている。水圧破砕方による環境破壊も顕在化しつつある。油価高騰のバブルがいつかは弾け、シェールガスの安価維持が続かない可能性もある。
シェール革命の光と陰双方を初めて明らかにした待望の著。
電子版同時発刊。


目次:

シェールガスの真実 目次     Ⅰ 非在来型資源とは何か    Ⅱ 開拓者魂と技術革新が産んだシェール開発ブーム     Ⅲ 世界の産業構造を塗り替えるシェールガス革命    Ⅳ シェールガスの真実、価格は本当に下がるのか   Ⅴ シェール革命に”陰”の囁きも  

ジャンル:
ビジネス > ビジネス教養 ビジネス > 流通 経営 > マーケティング 社会・政治 > 国際
販売開始:
2014/08/20
ファイルサイズ:
31.13MB
CODE:
J0010268BK0022543001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 929円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
シェールガスの真実 革命か、線香花火か?
販売(無期限): 税込 929