いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 小説(国内) > 籠釣瓶
籠釣瓶

籠釣瓶

著者:
岡本綺堂
出版社:
ConTenDo

概要:

     一

 次郎左衛門が野州佐野の宿を出る朝は一面に白い霜が降りていた。
彼に伴うものは彼自身のさびしい影と、忠実な下男の治六だけであった。
彼はそのほかに千両の金と村正の刀とを持っていた。
享保三年の冬は暖かい日が多かったので、不運な彼も江戸入りまでは都合のいい旅をつづけて...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > 小説(国内) 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2015/02/01
ファイルサイズ:
1.37MB
CODE:
J0010283BK0027346001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

籠釣瓶
販売(無期限): 税込 0