いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 短歌・俳句 > 島
島

著者:
新美南吉
出版社:
ConTenDo

概要:

島で、或あさ、
鯨がとれた。


どこの家でも、
鯨を食べた。


鬚は、呻りに、
売られていつた。


りらら、鯨油は、
ランプで燃えた。


鯨の話が、
どこでもされた。


島は、小さな、
まづしい村だ。

(註。
鯨の鬚は、凧の呻りに用ゐられます。)

ジャンル:
文芸 > 短歌・俳句 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2015/05/20
ファイルサイズ:
0.87MB
CODE:
J0010283BK0031604001
対応デバイス:
WindowsPCAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
\キャンペーン/秋のコンテン堂フェア 〜コンテン堂モールの電子書籍を購入決済するだけで『電子マネー2000円分』が当たります〜

この著作者による商品


販売(無期限): 税込 0