いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > 小説(国内) > 親という二字
親という二字

親という二字

著者:
太宰治
出版社:
ConTenDo

概要:

 親という二字と無筆の親は言い。
この川柳は、あわれである。

「どこへ行って、何をするにしても、親という二字だけは忘れないでくれよ。」
「チャンや。
親という字は一字だよ。」
「うんまあ、仮りに一字が三字であってもさ。」
 この教訓は、駄目である。

 しかし私は、いま、ここ...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > 小説(国内) 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2015/07/01
ファイルサイズ:
1.00MB
CODE:
J0010283BK0033728001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 

この著作者による商品

親という二字
販売(無期限): 税込 0