いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 芸術・教養 > 演劇 > 『桜の園』の思ひ出と印象
『桜の園』の思ひ出と印象

『桜の園』の思ひ出と印象

著者:
岸田国士
出版社:
ConTenDo

概要:

 ○一九二二年の暮れ、モスコオ芸術座の一行が初めて巴里を訪れ、シャン・ゼリゼエ劇場の大舞台で、その華々しい上演目録の中から、特に純露西亜の作品数篇を選んで、旅興行の蓋をあけた。

 ○『桜の園』はその一つであつた。

 ○僕は露西亜語がわからない。
そこで、仏訳の『桜の園』を三度繰...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
芸術・教養 > 演劇 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2015/12/16
ファイルサイズ:
1.43MB
CODE:
J0010283BK0037793001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
\キャンペーン/夏のコンテン堂フェア 電子マネー2,000円分があたる!

この著作者による商品

『桜の園』の思ひ出と印象
販売(無期限): 税込 0