いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 文芸 > エッセイ > 独逸の範とすべき点
独逸の範とすべき点

独逸の範とすべき点

著者:
国枝史郎
出版社:
ConTenDo

概要:

 第一次世界戦争での戦敗国といえば、いうまでもなく独逸であるが、その独逸から表現主義文学という、破天荒の形式の文学が産れて、世界の芸術界を驚倒させた。

 ゲオルク、カイゼルなどがその代表的作家であり「朝から夜中まで」などがその代表的作品である。

 表現主義は、一口にいえば、印...


(本文冒頭より抜粋)

ジャンル:
文芸 > エッセイ 文芸 > 日本文学/国文学 文芸 > 外国文学 無料文庫 > 無料文庫
販売開始:
2016/03/04
ファイルサイズ:
1.06MB
CODE:
J0010283BK0045826001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 0円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
\キャンペーン/夏のコンテン堂フェア 電子マネー2,000円分があたる!

この著作者による商品

独逸の範とすべき点
販売(無期限): 税込 0