いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > 芸術・教養 > 演劇 > 夜の笑い
夜の笑い

夜の笑い

著者:
飯沢匡
出版社:
ボイジャー

概要:

1978年、青年劇場で初演、1980年にはフィレンツェ国際演劇祭に招待された喜劇の傑作

第一部「春の軍隊」は、小松左京のSFに材を取ったもの。中流サラリーマンのマイホームに、突然、外国の軍隊が侵入し、家の中が戦場になる。第二部「接触」は島尾敏雄の小説に材を取ったもの。明治19年、熊本の尋常高等小学校を舞台に、授業中に餡パンを食べた5人の生徒たちが、校則違反として、四角四面の女子副校長に死罪を言い渡される。漱石の「坊ちゃん」の先生群が滑稽に絡み、生徒の一人の許嫁の活躍で、悲劇的状況が喜劇的に進行する。

【著者】
飯沢匡
1909年、和歌山市生まれ。劇作家、演出家、小説家。本名は伊沢紀(いざわただす)。文化学院美術科卒業後、東京朝日新聞社入社。在学中からテアトル・コメディに参加、32年に『藤原閣下の燕尾服』で劇作家デビュー。43年『再会』でNHKラジオ賞。戦後『婦人朝日』『アサヒグラフ』編集長を務める。55年、文学座初演の『二号』で第一回岸田演劇賞、67年『五人のモヨノ』で読売文学賞戯曲賞、72年『沈氏の日本夫人』『騒がしい子守唄』で紀伊国屋演劇賞受賞。83年日本芸術院会員。1994年逝去。

ジャンル:
芸術・教養 > 演劇
販売開始:
2017/02/01
ファイルサイズ:
0.40MB
CODE:
J0019002BK0059563001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 770円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu 

この商品のシリーズ

夜の笑い
販売(無期限): 税込 770