いらっしゃいませ ゲスト様

ー 今、あなたの読みたいをすぐ叶えます ー

»TOP > ジャンル別 > ライフスタイル > 健康 > コレステロールは高いほうが心臓病、脳卒中、がんになりにくい
コレステロールは高いほうが心臓病、脳卒中、がんになりにくい

コレステロールは高いほうが心臓病、脳卒中、がんになりにくい

著者:
奥山治美
出版社:
主婦の友社

概要:

「コレステロールが高いと動脈硬化になりやすい」「健康のためには、悪玉コレステロールを減らさないといけない」などと、健康診断でいわれた人は多いでしょう。しかし、この話は大間違い。コレステロールは人間の細胞を作ったり、血管を保護するなど、健康な体を維持するために必要なもの。むしろ、コレステロール値が低いとがんになりやすくなったり、うつ病になりやすくなるのです。一般の集団で行った調査では、「悪玉コレステロールの数値が高い人たちのほうが、総死亡率は低い」というデータもあるほど。薬や食事でコレステロールの数値を無理に下げたほうがいいという明確な根拠はないのです。

ジャンル:
ライフスタイル > 健康
販売開始:
2018/10/03
ファイルサイズ:
7.00MB
CODE:
J0019002BK0064330001
対応デバイス:
WindowsPCMacAndroidスマートフォンAndroidタブレットiPhone/iPod touchiPad
  購入 レンタル
価格(税込) 864円 -
閲覧可能期間 無期限 -
ダウンロード可能期間 無期限 -
ダウンロード回数 制限なし -
Twitter    Hatebu  Googleplus 
\キャンペーン/夏のコンテン堂フェア 電子マネー2,000円分があたる!
コレステロールは高いほうが心臓病、脳卒中、がんになりにくい
販売(無期限): 税込 864